ここから本文です

履正社が大阪桐蔭との打撃戦を制す 来春センバツに向け近畿大会進出

デイリースポーツ 10/15(土) 15:13配信

 「秋季高校野球大阪大会・準決勝、履正社7-4大阪桐蔭」(15日、舞洲ベースボールスタジアム)

 ここまで全試合コールドで勝ち上がってきた履正社が逆転で大阪桐蔭を下し、3季連続で大阪大会の決勝に進出。来春センバツ選考の重要な参考資料となる近畿大会出場を決めた。

 履正社は同点の四回に2死一、三塁から2番・西山虎太郎内野手(1年)が、右中間を破る2点二塁打を放ち、勝ち越しに成功。来秋ドラフト上位候補の安田尚憲内野手(2年)も左中間フェンス直撃の適時二塁打で続き、大阪桐蔭を突き放した。六回には再び安田が右翼場外へダメ押し3ランを打ち込み、6点のリードを奪った。

 大阪桐蔭は終盤に山本ダンテ武蔵外野手(2年)の左越え2ランなどで追い上げるものの、中盤までの大量失点が響いた。両校は今春の大阪大会決勝でも激突しており、この時も6-1で履正社が勝利した。

最終更新:10/15(土) 18:17

デイリースポーツ