ここから本文です

広島・岡田 5回4失点もリードを守り降板

デイリースポーツ 10/15(土) 15:47配信

 「セCSファイナルS・第4戦、広島-DeNA」(15日、マツダスタジアム)

 広島の岡田明丈投手(22)が5回8安打4失点(自責点3)で、リードを守って降板した。

 初回、三者凡退の上々なスタートを切った。だが、6-0の二回1死二塁で、エリアンを一ゴロに打ち取ったが、新井からのトスを落球。一、三塁とピンチを広げた。続く、倉本の右前適時打で1点を失うと、味方失策の間に2点目を奪われた。

 続く三回にも無死1塁のピンチを招いた。迎えた梶谷に右翼席に2ランを被弾。一気に2点差に詰め寄られた。その後も、2本の安打で2死二、三塁としたが後続を断ち、切り抜けた。

 この回以降は、2イニングを粘り強く投げ、無失点。五回に巡った打席で代打を告げられ交代した。

最終更新:10/15(土) 16:01

デイリースポーツ