ここから本文です

DeNA猛追!戸柱適時三塁打、ロペス弾で1点差

デイリースポーツ 10/15(土) 16:10配信

 「セCSファイナルS・第4戦、広島-DeNA」(15日、マツダスタジアム)

 負ければ敗退の決まるDeNA打線が、驚異の粘り腰を見せた。

 4点を追う六回、先頭の倉本が四球で出塁して続く戸柱が左中間を破る適時三塁打。その後は、桑原の内野ゴロの間に1点を加えてこの回2点を返す。続く七回には、先頭のロペスが左翼席へ弾丸ライナーのソロ本塁打をたたき込み、ついに1点差に詰め寄った。

 初回に6点を奪われながら、骨折をおして出場する梶谷の2ランなどで2点差に迫っていたDeNA。その後、追加点を奪われて4点にリードを広げられていたが、再び射程圏に詰め寄った。

最終更新:10/16(日) 1:07

デイリースポーツ