ここから本文です

日本ハム先発の高梨 「要所で粘れなかった」 4回4失点で降板

デイリースポーツ 10/15(土) 16:18配信

 「パCSファイナルS・第4戦、日本ハム-ソフトバンク」(15日、札幌ドーム)

 日本ハムの先発、高梨裕稔投手(25)は4回を5安打4失点でマウンドを降りた。二回に長谷川、四回に今宮と2本の本塁打が痛かった。

 大事な一戦で先発に指名された3年目右腕は、「(四回の)先頭の四球と2アウトからのホームランを抑えられれば、少しは流れが変わっていたのかもしれないんですけど、要所で粘りきれませんでした」と肩を落とした。

最終更新:10/16(日) 1:15

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]