ここから本文です

高橋真麻、有吉とは番組のため距離保つ「携帯変えられ連絡とれない」

デイリースポーツ 10/15(土) 16:21配信

 フリーアナウンサーの高橋真麻(35)が15日、大阪市内で、フジテレビ系「有吉弘行のダレトク!?」(火曜、10・00)の会見を行った。

 13年秋に午後11時台でスタートした番組は、18日からプライム帯に昇格する。4年目となる有吉弘行(42)との司会コンビについて「有吉さんの容赦ないツッコミや下ネタも麻痺してしまいました」と笑顔。一方で「イジられた時のリアクションや、私のフリーアナとしてのキャラも、作っていただいたのは、この番組の有吉さんです」と感謝した。

 当初から「有吉さんは自分のテリトリーに入って来られるのを嫌がるタイプ」とみて、番組以外では距離を保ち「余計なこと聞かない、話さない、深入りしない」と決めてきたという。

 私生活を聞いたり、プライベートに踏み込んだり、飲みに誘うこともないといい「女房役に徹して、そのほうが番組でのやりとりが面白くなると思った」と説明したが、おかげで「ある日、突然、(有吉の携帯の)連絡先が変わってからは、以降、連絡もとれません」と明かして笑わせた。

 真麻は「昔のVTRを見ると(有吉に)『ブス』と言われたら『やだー』とか『ひどい』とか返してて、恥ずかしい。青かったですね」と振り返り、プライム帯進出後も「有吉さんとのテイストは、下ネタも含めて変わらずいこうと。あとは編集次第です」と語っていた。

最終更新:10/15(土) 20:07

デイリースポーツ

なぜ今? 首相主導の働き方改革