ここから本文です

ソフトバンクが雪辱 3本塁打で2勝目 先制弾の長谷川「もっとみんなと野球したい」

デイリースポーツ 10/15(土) 17:09配信

 「パCSファイナルS・第4戦、日本ハム2-5ソフトバンク」(15日、札幌ドーム)

 崖っぷちのソフトバンクが3本塁打の空中戦で雪辱し、対戦成績を2勝3敗(日本ハムはアドバンテージの1勝を含む)とした。

 二回に長谷川が日本ハム先発の高梨からの中越えに先制ソロ弾を放つと、三回には2死から本多が中前打で出ると、続く柳田の初球に二盗。大野の悪送球もあり三進。ここで柳田の中前適時打で加点した。

 2試合ぶりのスタメンで先制本塁打の長谷川は、「まだみんなと野球がしたいという気持ちで試合に臨みました。気持ちで持っていきました。これがホークスです。あしたもまだ、チームのみんなともっともっと野球をやりたい。あしたも絶対に勝ちます」とファンにアピールした。

 四回には、2死一塁から今宮が左越えに2ランを放ち、4点リードの六回は松田がCSファイナルステージ2本目の本塁打で追加点を呼び込んだ。

 先発したバンデンハークは6回4安打2失点と好投。その後は4投手の継投で得点を許さなかった。

 日本ハムは六回に1死一、二塁から大谷の右中間適時二塁打で2点をかえしたが、そこまで。先発した高梨裕稔投手は4回を5安打4失点で降板した。

 第5戦の先発は、日本ハムが加藤、ソフトバンクが摂津と発表された。

最終更新:10/15(土) 17:35

デイリースポーツ