ここから本文です

【MLB】負傷退場のD.トラビス、シリーズ中の復帰は微妙か

ISM 10/15(土) 16:35配信

 トロント・ブルージェイズのデボン・トラビス二塁手が現地14日、同日に行われたクリーブランド・インディアンスとのリーグ優勝決定シリーズ初戦で負傷退場し、翌15日にMRI検査を受けることが分かった。

 5回裏、ココ・クリスプ外野手の打席でバント処理のために一塁カバーに入ったトラビスは、ベースを踏んだ後に痛みで顔を歪めたが、一度は元の守備位置に戻った。しかし、続くタイラー・ネークイン外野手がピッチャーゴロを打ち、カバーに走ると、再び右ひざの痛みを訴えて交代となった。

 トラビスは「ゲームに入るときは調子が良かったよ。バントの処理で一塁のカバーに入ったときちょっと痛めたんだ。とても鋭い痛みが走って、試合から出た方が良いと思った」と話している。

 トラビスは、翌15日に行われる第2戦の試合前にMRI検査を受ける予定。同選手は、テキサス・レンジャーズとの地区シリーズでも、右ひざの骨挫傷のため2試合を欠場していた。(STATS-AP)

最終更新:10/15(土) 16:35

ISM

なぜ今? 首相主導の働き方改革