ここから本文です

ジャニス・ジョプリン役候補にマリリン・モンローを演じた女優が浮上

BARKS 10/17(月) 18:06配信

ジャニス・ジョプリンのバイオグラフィー映画『Janis』で、ジャニスを演じる女優の候補にミシェル・ウィリアムズが浮上しているそうだ。

◆ジャニス・ジョプリン画像

ミシェルは『My Week Wih Marilyn(マリリン 7日間の恋)』(2011年)でマリリン・モンローを演じ、アカデミー主演女優賞にノミネートされ、そちらは逃したが、ゴールデングローブ賞(ミュージカル・コメディ部門主演女優賞)を受賞した。

『Janis』は、ジャニスの妹ローラ・ジョプリンが執筆した本『Love, Janis』をもとに、Sean Durkin(『Martha Marcy May Marlene』)が監督する。

アメリカのエンターテイメント業界誌『Variety』は、プロダクション側は現在、ミシェルと交渉中だと伝えている。

彼女はこの冬、ヒュー・ジャックマン主演の映画『The Greatest Showman On Earth』(2017年12月公開予定)の撮影をスタート。『Janis』の撮影スケジュールおよび公開日はまだ明かされていない。

ジャニスの映画では、2010年、『Get It While You Can』の制作が発表され、エイミー・アダムスの主演も決まったが、こちらは訴訟などさまざまなトラブルに見舞われ、現時点では暗礁に乗り上げている。

Ako Suzuki

最終更新:10/17(月) 18:06

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]