ここから本文です

プロレスラー&ギタリストvsボーカル&ギタリストという異種格闘技戦が魔界で実現!

バトル・ニュース 10/15(土) 2:29配信

 新宿FACE進出、TOKYO MX2での地上波レギュラー放送開始など、今年大きく飛躍した音楽×プロレス×演劇で魅せるファイティングミュージカル「魔界」。その魔界にとって今年最後の新宿FACEでの公演となった10月14日の『第二十九回魔界~魔界が来たりて謀略せしむ~』では、いよいよ細川ガラシャ(風男塾の虎南有香)率いる黒魔術軍、藤原純友(TARU)率いる魔界水軍、そして陰陽師の安倍晴明がお市(女優の木戸美歩)と共闘する形で結成された五芒星軍による三つ巴の覇権争い“魔界三國演義”が本格開戦。

 まずは魔界水軍の鬼一法眼(ギタリストのISAO)と俵藤太(プロレスラーのバッファロー)が、黒魔術軍の鬼目(ボーカリストのNOV)とドラクル(ギタリストのTERU)と死合をおこなうという超異種格闘技が実現。鬼一法眼とドラクルにとってギターは“剣”。この剣の音で鬼目が思わずよろめいたところを藤太がスリーパーホールド…いや、首を絞めていったところで死合がストップ。ひとまず敗れた黒魔術軍は今回の戦いに加わらないことに。
 しかし黒魔術軍を裏切った霧隠才蔵(朱里)を捕まえようとする真田大助(三富政行)と大祝安房(佐藤悠己)。望月千代女(紫雷美央)や児雷也(タンク永井)が才蔵に助太刀し、どうにか窮地を逃れたかと思われたが、千代女が黒魔術軍に捕まってしまう。

 混迷を極めるいまの魔界では、新たなヒトガタを召喚する為には蘆名あさぎという少女の“血”が必要になるという。そこで鶴姫(志田光)&陶隆房(AKRA)&前田慶次(藤田峰雄)の五芒星軍と、純友&九鬼嘉隆(葛西純)&村上武吉(真霜拳號)&越智安成(円華)の魔界水軍が戦い、勝った軍があさぎの血を獲得できるという死合がおこなわれた。
 かつては恋人同士であったが、実は兄弟であることが発覚した鶴姫と安成が敵として戦うことに……。しかし、今回の公演では魔界の特徴のひとつだった“武器”を敢えて持たず、何とこれだけ豪華な顔触れのプロレスラーたちが真っ向勝負をする場面も! 3vs4のハンディキャップマッチということもあり、五芒星軍が劣勢に追い込まれた場面で才蔵が、新たな武器である“朱柄の大きな槍”を持って登場。才蔵から朱槍を受け取った慶次は、武器を手にした魔界水軍と大立ち回りを演じてみせた。

 死合は鶴姫への攻撃を躊躇する場面があった安成から隆房が勝利したが、鶴姫はあさぎの血を拒否。新たなヒトガタは召喚されず、次回の11月18日、新木場1stRINGでおこなわれる『第三十回魔界』では、魔界錬闘会として三軍による対抗戦がおこなわれることが告げられた。
 軍団抗争はプロレスでも最も盛り上がる闘いといっても過言ではない。しかも安房(佐藤)vs九鬼(葛西)、鶴姫(志田)vs安成(円華)、才蔵(朱里)vs真田(三富)、児雷也(タンク)vsルイスフロイス(レディビアード)、慶次(峰雄)vs武吉(真霜)、藤太(バッファロー)vs朝比奈(石川修司)vs隆房(AKIRA)の3WAYマッチという、なかなかの豪華カードがラインナップ。会場がいまやプロレスの聖地といってもいい新木場なだけに、次回の魔界はプロレスファンがよりいっそう楽しめる内容になりそうだ。
(文/佐瀬順一)

最終更新:10/15(土) 3:08

バトル・ニュース