ここから本文です

「怖すぎる」菅野美穂×松嶋菜々子共演ドラマ「砂の塔」に反響続々。「タワマンの憧れなくなった」「女の恐ろしさ」岩田剛典、佐野勇斗には「癒された」の声

E-TALENTBANK 10/15(土) 17:10配信

昨日から放送がスタートしたドラマ「砂の塔~知りすぎた隣人」。

憧れのタワーマンションに引っ越してきた平凡な主婦が、思いもよらぬ“最凶の隣人”に出会ってしまったことで、そこに巣食う女たちの闇や、タワマン特有のルールによって翻弄されながら、愛する家族を守るために立ち向かっていくと言う物語だ。

第一話では、憧れのタワーマンションに引越した平凡な主婦・高野亜紀(菅野美穂)が、タワーマンション独特のヒエラルキーに巻き込まれ奮闘する姿を中心に、マンションの真上に住む佐々木弓子(松嶋菜々子)の力を借りて難局を乗り切り次第に信頼を寄せていく様子や、昔隣に住んでいた生方航平(岩田剛典)との再会などが描かれた。

劇中では、タワーマンション独自のルールやヒエラルキー、女社会のドロドロした感情の絡み合いが存分に描かれており、視聴者からはTwitterで「やばいよ。ドロドロだよ。怖いよ。」「怖すぎる www」「砂の塔めっちゃ面白い~!怖いけど!」「ドロドロ過ぎてタワマンの憧れなくなったママ会めんどくさw」「女の恐ろしさめっちゃ見える(笑)」「タワーマンションのヒエラルキー怖い」「砂の塔見てたらタワマン怖くなった(単純) 」などという声が続出。

そして、主人公の亜紀が孤立無援なタワマン生活の中で信頼を寄せ始めた上品で優しい弓子は、実はマンション中の監視カメラをハッキングし、大量のモニターを置いた自宅の一室で監視を繰り返している、謎の女だった、という裏側を持っており、これに対しては「松嶋菜々子、やっぱ綺麗だわ…。だから、なおさら怖い…。」「ただ松嶋菜々子がめちゃくちゃ怖い」「松嶋菜々子がめっちゃ怖い。」という感想が聞かれた。

また、女社会のドロドロが描かれる中で、視聴者の癒しとなったのは、近所の体操教室でインストラクターを務める航平と、亜紀の長男・高野和樹(佐野勇斗)の存在だったようで、「岩田くんが可愛いから癒し」「岩ちゃん爽やかイケメンすぎ…」「岩ちゃん今回も神役ですね」「岩ちゃんスマイルに癒されたー」「お兄ちゃんが、よかった~~~~~妹になりたい~~~」「兄ちゃん神対応すぎてやばい」「砂の塔のお兄ちゃんかっこいい」「お兄ちゃん役の子が性格かっこよすぎて癒された」という声が多く聞かれた。

ドラマ内では、タワーマンションでの生活の苦労と並行して謎の連続幼児誘拐事件も進行しており、これからどのような展開を見せていくか目が離せなくなりそうだ。

最終更新:10/15(土) 17:10

E-TALENTBANK

なぜ今? 首相主導の働き方改革