ここから本文です

大宮、リーグへつなぐ内容を ゲームで調整、15日甲府と練習試合

埼玉新聞 10/15(土) 7:01配信

 年間6位の大宮は14日、高木サッカー場で調整した。15日に甲府との練習試合を控え、約ハーフコートで11対11を行った。渋谷監督は甲府戦で「守備はラインを下げずにボールを奪いにいく、攻撃は中央のコンビネーションを意識したい」と話す。「攻守の切り替え」も試合の狙いに挙げた。

 主力と見られる組はムルジャと家長の2トップ、中盤の左は泉沢、右は江坂、横谷と大山がダブルボランチ。最終ラインは左から沼田、河本、菊地、奥井でGK塩田だった。左SBに渡部、ボランチに金沢、GK松井が入る布陣も確認した。

 16日にも練習試合が組まれ、大宮ユースと対戦。渋谷監督は「2試合でしっかりと、いい内容と結果で(リーグが再開する)来週の湘南戦につなげたい」と目指した。

最終更新:10/15(土) 7:01

埼玉新聞

スポーツナビ サッカー情報