ここから本文です

宇宙国家「アスガルディア」計画をAIRCが宣言 現在国民と国歌を募集中

sorae.jp 10/15(土) 11:21配信

とうとう、宇宙世紀が始まろうとしているのでしょうか。ウィーンに本拠地を置くAerospace International Research Center(AIRC)は、衛星軌道上の宇宙国家「アスガルディア」の設立計画を宣言しました。このアスガルディアは独自に運営され、他国の影響を受けないというまさに「新国家」を目指したものです。
 
アスガルディアの計画では、この国家は1つ以上の中心となる「コア・サテライト」と、それを取り巻くクラスター状の衛星や保護プラットフォームから成り立ちます。またこれ以上の宇宙国家の構造についての詳しい言及は避けられましたが、それは「将来的な参加者を増やすためだ」と説明されています。
 
パリで開催されたカンファレンスにて、プロジェクトリーダーのIgor Ashurbeyli氏はアスガルディアの創立哲学や法規、それに科学的な目的を宣言。さらに「地球人」に対して国民としての参加や、国旗などのデザインの協力を求めました。

Ashurbeyli氏によると、「これは母なる地球を離れ、生活圏を宇宙に広げるという人類の永遠の夢の実現なのです。アスガルディアの精神は地球人類をデジタル化し、国家や宗教、人種から開放された人間性を宇宙へと移植させることなのです。つまりアスガルディアの中で、我々はすべてが区別のないただの『人間』となるのです」とのこと。……シャアかな?
 
さらにアスガルディアは宇宙国家最初の国民も募集しています。応募はAsgardiaのウェブサイトから可能で、最初の10万人には特権が与えられるとのこと。区別のない人間とは一体……。また同時に、国旗や標章、国歌も広く募集しています。
 
なお、AIRCのメンバーは最初の衛星を来年に打ち上げるとしています。アスガルディアへの参加は氏名とメールアドレスだけで可能ですので、地球での生活に嫌気がさしている人は登録してみるのもいいかもしれません。

最終更新:10/15(土) 11:21

sorae.jp

なぜ今? 首相主導の働き方改革