ここから本文です

経済評論家が来週のマーケットを予想 「前半上昇、後半下落」

AbemaTIMES 10/15(土) 17:43配信

経済評論家の川口一晃氏のマーケット予報。今週は日本のマーケットは温暖な気候に包まれた。終値で17000円台をつける場面も。ドル円も104円台で推移しており、円安株高の値動きとなった。

その要因は3つ。アメリカのFRBの年内利上げの報道があったこと。アメリカの利上げがあればドル高円安へ、円安になれば株高という教科書どおりの動きが続いた。
2つ目がOPECの減産が8年ぶりに行われたこと。これで原油相場も50ドルに乗せてきた。そして3つ目が大統領選がヒラリー・クリントン氏が有利ということ。これもマーケットにとっては追い風となった。

今後もその3つの要因がどこまで拡大していくかが注目だ。
だが、2つの懸念点も。1つが大統領選だ。マーケットはヒラリーが勝利するということを見込んで動いている。が何があるかはまだわからない。2つ目はOPECでプーチン、ロシアが参加していくこと。中東との情勢なども注目だ。

来週にかけて注目すべき数字として日経平均株価1万7300円、ドル円105円がある。この数字を終値でこえることになれば上昇トレンドが続く。だが、前述の3つの要因が続いていながらもこの数字を超えられないとなるとトレンドの転換点になる可能性もある。
来週は1万6850円を中心に+400円マイナス600円前後
ドル円104円50銭 +1円50銭マイナス3円幅を見込んでいる。

最終更新:10/15(土) 17:43

AbemaTIMES

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。