ここから本文です

木村カエラ 表参道で“恥ずかしい姿”を目撃される!?

TOKYO FM+ 10/15(土) 12:10配信

木村カエラがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「木村カエラcosmic☆radio」が10月からスタートしました。プライベートから音楽制作の話まで、ラジオが大好きというカエラの素顔に出会える30分間です。10月9日の放送では、表参道のカフェでの恥ずかしいエピソードを披露しました。

10月19日に、約1年10ヵ月ぶり9枚目のオリジナルアルバム『PUNKY』をリリースするカエラ。今回披露したエピソードは、このアルバムの収録曲の歌詞を書いていた、表参道で起こりました!

「アルバム収録曲の歌詞を書いている時に本当に追い込まれて、気分を変えようと表参道のカフェに場所を移したんです。あまりにも行き詰まっていて、他にお客さんがいるにも関わらず、ヘッドフォンをウルトラマンの状態……おでこと後頭部にでっかいヘッドフォンを挟んで『うぉ~! 書けない!』ってマネジャーさん相手に叫んでたんです。そうしたら、若いオシャレな男の子3人組に『あれ、木村カエラじゃね?』って見つかったわけ。別にいいんだけど、なんか恥ずかしかったんだよね。あとで『ヘッドフォン、前と後ろに挟んでたよね』とか言われるんだろうな~って思ってね。でもその後は早く帰りたかったので、歌詞はすぐにできました。そういう所でふざけるものじゃないなと後悔しました(笑)」

さすが、“PUNKY”なカエラでした!
アルバムのタイトル『PUNKY』には、「PUNK」の意味はもちろん、“表に出さない自分の内なる熱のある気持ち”も「PUNKY」という言葉で表しているとのこと。さまざまな思いが込められたアルバム『PUNKY』。カエラがウルトラマン状態で書き上げたのは、どの曲なのでしょうか? ぜひ、手にとって確認してみてください!

(TOKYO FMの番組「木村カエラcosmic☆radio」2016年10月9日放送より)

最終更新:10/15(土) 12:10

TOKYO FM+

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]