ここから本文です

福山雅治、結婚からトラブル続き?“呪い”疑惑で松本人志も「結婚は流れ変わる」

dmenu映画 10/15(土) 12:50配信

シンガーソングライターで俳優の福山雅治は、昨年9月に女優の吹石一恵と結婚して以来なぜかトラブルが続いています。ネット上では「呪いではないか」という噂まであるようですが……。ダウンタウン・松本人志は、結婚を「新しい関節」に例えて福山を気遣いました。

ドラマ低視聴率、不審者騒動、ライブ事故…

福山は昨年9月28日に吹石と結婚。さらに今年8月には吹石の第1子妊娠が発表され、今冬に出産予定と私生活は幸せいっぱい! ……なのですが、悪いニュースでも世間を騒がせてしまっています。

まず結婚後初の連ドラ出演作、しかも約3年ぶりの月9枠と鳴り物入りで始まった今年春クールのフジテレビ系「ラヴソング」は意外にも視聴率が低迷。全10話の平均視聴率は8.4%で月9史上最低記録を更新したと報じられました。

しかも5月には都内の自宅マンションに不審な女性が侵入。不審者は住居侵入の疑いで逮捕されましたが、なんとその正体は福山ファンのコンシェルジュ。職務を悪用して合鍵で侵入したことがわかりました。9月に東京地裁で判決公判が行われて、懲役1年、執行猶予3年(求刑懲役1年)が言い渡されました。

また9月25日夜に東京ドームで開催したファンクラブイベントでは、ライブ演出で発射されたテープが女性スタッフの右目を直撃して、眼球破裂の大けがを負うという事故もありました。

おめでたい話題以上に、なんだかネガティブなニュースが続いている印象の福山。ネット上では「“福山ロス”に陥ったファンの呪いではないか」とささやかれていますが、呪いというのはただの噂にしても、確かに外野から見ていてもなんだか奇妙な状況ではあります。

松本人志は「結婚はソフトなゾーン」

そんな中、10月2日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」で松本人志が福山を気遣いました。ブレークから時間が経っての結婚という流れはお互い共通しているとして、「世の中の人って結婚を機に見方が変わるでしょ? 流れが絶対変わるじゃないですか」と指摘。「結婚は関節を作るようなもの。ずっと1本で来ているのは長くなると折れそうになるじゃない。折れないようにするために関節を設けることによって自由度が増す。でも関節のところが一番ケガしやすい」と結婚を“関節”に例えました。

その上で松本は「(結婚は)ソフトなゾーン。そこでちょっと何かあると、ついつい結婚のせいにされちゃうんですけど、ここはもう本人が乗り越えていくしか」「しばらくは大変な時期なのかもしれない。あれだけの人気者だから」と福山を気遣いました。確かに結婚によって世間の注目が一層高まった部分はあります。しかも「結婚から騒動続き」と一度話題になってしまうと、どんな小さなことでも世間は「もしやこれも」と勘繰ってしまいそう(こんな記事を書いていてなんですが……)。

1/2ページ

最終更新:10/15(土) 12:50

dmenu映画