ここから本文です

《ブラジル》アルゼンチン 軍政時代に失踪した日系人 映画『破られた沈黙』週末上演 犠牲者16人の大半が沖縄系

ニッケイ新聞 10/15(土) 6:03配信

(ブラジル邦字紙「ニッケイ新聞」12日付け)


 アルゼンチン軍事独裁政権時代(1976~82年)に政治活動をしていた日系人数十人が「失踪」したまま。そのうちの16人について描いたドキュメンタリー映画『Silencio roto. 16 Nikkeis(破られた沈黙 16人の日系人)』(パブロ・モヤマ監督、スペイン語、2015年)が14、15両日、サンパウロ市で特別に上映される。失踪した弟の捜索を続ける「日系アルゼンチン人失踪者家族会」の大城エルサさん(二世、72)に話を聞いた。



 「1976年11月10日午前3時ごろ、突然、玄関の呼び鈴が鳴らされ、『ケガ人がいるので開けて』というので、母が解錠すると、機関銃などで武装した軍隊が一気になだれ込んで来た。一目散に弟の部屋に向かい、銃を向け、有無を言わさず連行した」。大城さんは、まるで昨日のことのように覚えている。

 弟ジョルジさんは、当時まだ18歳の高校生だった。でも、政府批判をする「社会主義労働者党」の青年部で、機関紙発行などに携わっていたという。

 「党からは『危ないから党員は地下にもぐって、行方を眩ませ』との指示が出ていたが、弟は『ここで逃げたら一生逃げ続けることになる。自分は何もしていないから説明すれば分かる』と家に居続けた。その結果、ゲリラ予防、見せしめとして標的にされたようだ。まさか、そのまま行方不明になるとは・・・」と目に涙を浮かべる。数え切れないぐらいに軍や警察に問い合わせたが「いまだに遺体の行方も分からない」。


 当時の軍政は非合法な殺し屋集団を親衛隊のように使って対ゲリラ戦略を展開し、反体制派を徹底的に弾圧した。失踪者はおよそ3万人といわれ、首都ブエノスアイレスだけ、少なくとも16人の日系人が犠牲となった。そのほとんどが沖縄県系人だった。

 エルサさんは行方不明者家族とあちこちで出会う中、同家族会の活動が始まった。78年には在アルゼンチン日本国大使館にも嘆願書を送り、アルゼンチン政府への情報請求に協力を求めたが、無視され続けた。

1/2ページ

最終更新:10/15(土) 6:03

ニッケイ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。