ここから本文です

プロ意識に欠け、言語の勉強も不十分 レアルからPSGに来た新戦力のライフスタイルに批判

theWORLD(ザ・ワールド) 10/15(土) 9:10配信

ここまで出場機会も少なく

出場機会を求めて今夏にレアル・マドリードを離れる道を選んだFWヘセ・ロドリゲスは、新天地PSGで想像以上に厳しいスタートを切ってしまった。レアル時代同様ベンチ生活が続き、それにフラストレーションを溜めたのか「控えになるためにフランスに来たわけではない」とまで発言。また、第4節のサンテティエンヌ戦では途中交代の判断に激怒して不満を漏らすシーンまであった。

ヘセはもっと活躍できる姿を想像してフランスに来たのかもしれないが、ここまで先発はわずか3試合にとどまっている。しかし仏『Le Parisien』によれば、PSG側もヘセに不満を抱いているという。それはヘセのプレイスタイルではなく、ライフスタイルについてだ。

同メディアはヘセをプロフェッショナルではないと伝えており、問題の多くは私生活にあるようだ。ヘセは友人と遊んでいる時間が多く、加えてフランス語を学ぶ努力を十分にしていないという。PSG側もヘセが国外でプレイすることに慣れていないのを理解しており、フランスの生活への適応に時間がかかることも見越して獲得したようだが、ヘセにはその努力が見られない。

PSGでは今夏ニースから移籍したハテム・ベン・アルファも練習態度を指揮官ウナイ・エメリに咎められるなど、新加入選手の姿勢が問題視されている。エディンソン・カバーニ、ルーカス、アンヘル・ディ・マリア、ハビエル・パストーレら前線にタレントが揃うPSGでいきなりスタメンを確保するのが難しいことは加入前から理解できたはずだが、ヘセのフランス生活は嫌な形でスタートしている。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:10/15(土) 9:10

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]