ここから本文です

奇跡の3連勝へ「死に物狂いで」 ホークスファン叱咤激励 西スポFB

西日本スポーツ 10/15(土) 12:19配信

 クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ、1勝3敗となり、日本ハムに王手をかけられたソフトバンクホークス。3敗目を喫した14日の試合後、ホークスの戦いを伝える西日本スポーツの公式フェイスブックページには、叱咤激励、采配への注文など、様々な声が寄せられています。「まだ終わっていないぞぉ」「開き直って3つ勝って行こうぜ」「死に物狂いで」。奇跡の3連勝を願って、一部のコメントを紹介します。

9回逆転劇を呼び込む重盗を決める福田

 試合は1回裏に先発の千賀が日本ハム・大谷の振り逃げからレアードの3ランなどで4失点する苦しい展開からスタート。「スリーランは痛かった」「それにしても、レアード対策は何とかならんのでしょうか?レギュラーシーズンから、ちょっとやられすぎでしょう」と初回を悔やむコメントが並びました。「千賀君は、何で打てるもんなら打ってみろとストレートを投げないのか?キャッチャーがサイン出しても、首振ってでも強気で行って欲しかった」。期待をにじませるような、厳しい声もありました。

 ホークスは直後の2回に無死二、三塁、終盤の8回にも無死一、二塁とするなど、チャンスをつくるものの生かせず。反撃は中村晃のソロホームランの1点のみに終わりました。「ベンチワークの敗戦だと思う。2回の攻撃時に徹底した指示を出してほしい。勝つ事へのこだわりも感じられず、チャンスにフライや三振」「どうしても欲しい時に(点が)入らない」「8回の本多のバント失敗が特に痛かったな」。

「中継ぎ以降の(東浜)巨や森福は、踏ん張っているんですがね」「森福とスアレスの投球は何だったんだろうって…思ってしまいます」。2回以降、投手陣が0に抑えただけに、打撃陣への注文が相次ぎました。

 試合前日の13日は、元福岡ダイエー藤井将雄投手の命日でした。1999年の日本一に貢献した気迫あふれる投球を思い起こしたのか、「今のホークスの選手でこんな不屈の闘志を持った人いるかな? チームの為にがむしゃらな人いるかな? 勝つしかない!」と熱いエールを投稿するファンもいました。

「ファンの出来ることは、信じて奇跡を祈るのみです。ああ、カープと日本シリーズやりてぇなぁ…」「明日から3連勝すれば良いこと! 明日は、ハム喰って、寿司喰ってホークスを応援するぞぉ」「俺は、監督やコーチ、選手らをボロクソ言わん!明日、負けても来年たい!負けたら強くなるために努力するだけたい!」「選手の意地でも勝つぞって気持ちを感じない。もっと喰らい付いて意地を見せてくれ」

 明るい声も、熱いエールも、チームを思っての厳しい指摘も、ファンの皆さんの声は西スポに届いています。奇跡の3連勝、日本シリーズ3連覇を信じて、ホークスの戦いを伝えていきます。

西日本スポーツ

最終更新:10/15(土) 12:19

西日本スポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]