ここから本文です

ジョコビッチがミーシャ・ズベレフを破り準決勝進出 [上海/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 10/15(土) 16:00配信

 中国・上海で開催されている「上海ロレックス・マスターズ」(ATP1000/10月9~16日/賞金総額545万2985ドル/ハードコート)のシングルス準々決勝で、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)が惨憺たる第1セットを克服し、3-6 7-6(4) 6-3でミーシャ・ズベレフ(ドイツ)を倒してベスト4に進出した。

グランドスラム・タイトルとランキングはもはや最優先事項ではない、とジョコビッチ

 序盤のジョコビッチは反応が遅く、グラウンドストロークが不正確で、第1セットだけで18本ものアンフォーストエラーをおかした。反して世界ランキング110位のズベレフのアンフォーストエラーは、わずか4本だけだった。

 ジョコビッチは第2セットで本来のプレーを取り戻し始めたが、ズベレフはサーブ&ボレーでプレッシャーをかけ続け、ジョコビッチにミスを強いた。

 ジョコビッチはタイブレークに入ってようやく試合をコントロール下に置き、7-4で手際よく奪取。そして第3セットで早めにブレークを果たすと、あとは自分のサービスをキープして手堅く勝利をつかんだ。

「正直言って、試合の出だしからいい感じでボールを打つことができていなかった」とジョコビッチ。「僕は足が思うように動かなくて、ベースラインでじっと立っているようだった。彼は僕を望むところに置いたことになるね。彼は戦い続け、集中していた。全力を尽くしていたし、勝利まであと数ポイントというところにいた」。

 6本のダブルフォールトを含め、合計37本という多くのアンフォーストエラーをおかしたにも関わらず、ジョコビッチは落ち着きを保っていた。観客席のコーチを睨んだり、自分に向かって叫んだりする代わりに、彼はミスをしたあとでも微笑み、ある時点では歌をハミングしさえした。

 ジョコビッチはここ数週間、休息とともに生活によりよいバランスを与え、今季コート上で感じていたプレッシャーを減らそうと努めていると言っていた。準々決勝の試合後に彼が明かしたところによれば、その試みの一環として試合中に落ちつきを保とうとしているのだという。そう、鼻歌を歌いさえして。

「あれは試合の終盤だったな」と、彼はハミングについて言った。「かつてあったような、時々癇癪を起こす代わりに----あれは、もう完全に過去のことになったよう祈っているが----僕はハミングによってその怒りをメロディーに転換して、忘れようとしているんだ」。

 今大会で3度優勝経験のあるジョコビッチは、準決勝で第15シードのロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)と対戦する。バウティスタ アグートは昨年の準優勝者で第9シードのジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)を6-3 6-4で退けて勝ち上がった。

 第2シードのアンディ・マレー(イギリス)は今週ずっと見せてきた鋭さと集中力を維持し、第11シードのダビド・ゴファン(ベルギー)を6-2 6-2で簡単に下した。

「スコアは6-2 6-2だったとはいえ、厳しいポイントがたくさんある肉体的に簡単ではない試合だった。第2セットでは気を引き締め、強くあり続けなければならなかった」とマレー。

 マレーは今大会のここまでの3試合でまだブレークを許しておらず、9月半ばからのここ9試合では1セットも落としていない。彼は先週のチャイナ・オープン優勝に続いての2大会連続優勝を目指している。

 準決勝でマレーはジル・シモン(フランス)と対戦する。シモンはこの日最後の準々決勝で、ジャック・ソック(アメリカ)を4-6 6-4 7-6(5)のフルセットで倒した。

 シモンとソックは2時間40分の激戦を通し、ふたり合わせて80本のウィナーを決めた。ソックは試合の序盤で優勢なプレーを見せていたが、コートの濡れた部分で滑って転び、手から出血するケガを負ったあと、第2セットの後半でプレーがぐらつき始めた。彼は続く2ゲームを落として第2セットを失い、シモンにカムバックを許してしまった。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: SHANGHAI, CHINA - OCTOBER 14: Novak Djokovic of Serbia reacts after losing the point against Mischa Zverev of Germany during day six of Shanghai Rolex Masters at Qi Zhong Tennis Centre on October 14, 2016 in Shanghai, China. (Photo by Lintao Zhang/Getty Images)

最終更新:10/15(土) 20:42

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]