ここから本文です

3年連続ファイナル進出のG大阪、“敵地”での浦和戦にMF倉田「本当に熱いゲームになる」

theWORLD(ザ・ワールド) 10/15(土) 10:00配信

2年ぶりの優勝なるか

ガンバ大阪MF倉田秋が15日に開催されるルヴァンカップ決勝戦に向けて意気込みを語った。

今季もG大阪の主力選手として活躍している倉田は、ルヴァンカップでも決勝トーナメント全4試合に出場して3年連続となる決勝進出に貢献。14日には副キャプテンとして前日記者会見に出席し、1日に開催されたリーグ戦では0-4と大敗を喫している浦和との決勝戦に向けた意気込みを語った。会見の様子をG大阪のクラブ公式サイトが伝えている。

「明日の戦いは本当に熱いゲームになると思います。けど、僕たち全員優勝目指してここまでやってきましたし、熱い気持ちを持って絶対優勝するという思いで戦っていきたいと思います」

「(浦和とは)本当に力は五分と五分で、その試合でどちらに転ぶかわからないので、どちらが有利とかはないと思います。けれど、前の大敗で危機感を覚えて、気持ちの部分でやってやろうというのがさらに高まってきているので、それを明日ぶつけられたらいいかなと思います」

決勝戦は15日、埼玉スタジアムで行われる。2年ぶりのリーグカップ優勝を目指すG大阪は“敵地”での戦いとなるが、リーグ戦のリベンジを果たし、優勝カップを掲げることができるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:10/15(土) 10:00

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報