ここから本文です

準決勝では初ハット! 浦和のエースが“13年ぶりの優勝”に向けて闘志「コンディションは変わらずいい状態」

theWORLD(ザ・ワールド) 10/15(土) 11:02配信

ホームでの決勝へ

浦和レッズFW興梠慎三が15日に開催されるルヴァンカップ決勝戦に向けて意気込みを語った。

今季も浦和で得点を量産する興梠だが、同大会の準決勝2ndレグではプロになってから初めてのハットトリックを記録。埼玉スタジアムで行われる決勝戦進出に大きく貢献している。

また、ガンバ大阪と対戦するファイナルに向け、興梠は試合前日、「いつも通りの平常心で臨むことが大切です。あまり深く考え過ぎず、最近の試合で出しているようなプレイを見せることができれば問題ないと思っています」とコメント。「今日の前日練習では、ゲームには参加しませんでしたが、前回の準決勝第2戦ではハットトリックも決めることができましたし、コンディションは変わらずいい状態です」と明かしている。クラブ公式サイトがコメントを伝えた。

最後には「ホームの埼玉スタジアムで戦えるのは心強いので思い切ってプレイしたいです。明日はファン・サポーターのみなさんと一緒に闘って、13年ぶりとなるリーグカップを掲げられるように、チーム一丸となってがんばりたいです」と意気込みを語った興梠。大舞台でも“ホーム”でネットを揺らし、浦和を2003年以来となるリーグカップ優勝に導くことができるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:10/15(土) 11:02

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]