ここから本文です

下着と図書室の「美しい関係」 ワコールが顧客と文化でつながる

ニュースイッチ 10/15(土) 19:15配信

「身体」「感性」「社会」の3視点から美を追求

 歴史・哲学・芸術といった幅広い分野の書籍約3000冊が本棚に並び、自由に取り出して個別の自主学習スペースで閲覧する。そんな読書好き垂涎(すいぜん)の場所が、「ワコールスタディホール京都」だ。ワコールが10月に開設した。

 女性用下着の製造・販売という本来の事業の枠を超え「美しい生き方」を提案することで、顧客との関係性を深めている。京都駅八条口前のワコール新京都ビル(京都市南区)の1・2階のスペースを活用。書籍を閲覧できるライブラリースペースを提供するほか、伝統芸術に触れたり、生き方を考えるカルチャー講座も定期的に実施する。

 講座内容は、同社の専門部署で独自に企画し、運営まで一貫して手がけている。コンセプトは、「身体」「感性」「社会」の3視点から「美」を追求すること。そのため本棚の分類にも、「自然と親しむ」「次の旅先」「日本という国」といったファッションから遠いような言葉も並ぶ。知的好奇心が旺盛な男性層の取り込みも狙う。

 同社は第二次大戦後の復興期に、女性用下着という新しい文化を日本に持ち込み、業界をリードしてきた。顧客との関係性構築という視点に着目したのも早く、2000年代には他社に先駆け、アフターサービスを提供する会員制ウェブサイトを開設。下着着用に関する相談などを丁寧に受け付けてきている。

 グループとしては複合文化施設や服飾文化の研究財団なども立ち上げ、文化発信の担い手として存在感は大きい。スタディーホールは2017年3月までに、延べ利用者数1200人を目指す。ただ、下着販売の売り上げ増や、顧客マーケティングなどに直結する事業ではない。あくまで、「ワコールという企業体を、どうブランディングしていくか」(猪熊敏博総合企画室広報・宣伝部部長)が大きな狙いという。

 「美しいモノ」を提供するだけでなく、顧客と「美しい関係性」を構築していくことが、大きな潮流となっている。

最終更新:10/15(土) 19:15

ニュースイッチ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。