ここから本文です

大学王座 筑波大が関西大学に快勝、17年ぶりの決勝進出<女子テニス>

tennis365.net 10/15(土) 19:54配信

全日本大学対抗テニス王座決定試合

大学テニスの日本一を決める全日本大学対抗テニス王座決定試合(東京/有明テニスの森公園、ハード)は15日、女子の準決勝が行われ、第2シードの筑波大学(関東第二代表)が第4シードの関西大学(関西第二代表)に5-0で快勝し、決勝進出を果たした。

【大学王座 女子組み合わせ】

勝利した筑波大学は、決勝で第1シードの早稲田大学(関東第一代表)と対戦する。

準決勝の結果詳細は下記のとおり。

【準決勝】

[4]関西学院大学 0-5 [2]筑波大学
D1 畑守美里/ 河内ほのか 1-6, 3-6 米原実令/ 森崎可奈子
D2 田尻千晴/ 越野菜摘 5-7, 2-6 古川鈴夏/ 牛島里咲(日本)

S1 畑守美里 4-6, 6-4, 2-6 牛島里咲
S2 筒井八雪 5-7, 6-4, 5-7 岩井真優
S3 沈清河 2-6, 3-6, 4-6 森崎可南子

今大会は第1シードが早稲田大学(関東第一代表)、第2シードが筑波大学(関東第二代表)、第3シードが関西学院大学(関西第一代表)、第4シードが関西大学(関西第二代表)。

シードの4校と福岡大学(九州代表)、中京大学(東海代表)は2回戦から登場する。

今大会は各地区予選を勝ち抜いた10校で争われ、ダブルス2本、シングルス3本の計5本勝負。

昨年の同大会では早稲田大学が10年連続11度目の優勝を果たした。昨年準優勝の慶應義塾大学は関東地区大会で敗れ、2年連続の出場とはならなかった。

tennis365.net

最終更新:10/15(土) 19:54

tennis365.net

なぜ今? 首相主導の働き方改革