ここから本文です

添田豪が決勝進出、内山靖崇にストレート勝ち<男子テニス>

tennis365.net 10/15(土) 23:51配信

ベトナム・オープン

男子テニスの下部大会であるベトナム・オープン(ベトナム/ホーチミン、ハード、ATPチャレンジャー)は15日、シングルス準決勝が行われ、第6シードの添田豪(日本)が内山靖崇(日本)を6-4, 6-3のストレートで下し、今季チャレンジャー2勝目に王手をかけた。

【内山靖崇 第1シード破る番狂わせ】

決勝では第4シードのJ・トンプソン(オーストラリア)と対戦する。トンプソンは準決勝で第7シードのH・ラークソネン(スイス)をフルセットで破っての勝ち上がり。

世界ランク129位の添田は、7月のナショナル・バンク・チャレンジャー(カナダ/ウィニペグ、ハード、ATPチャレンジャー)で優勝している。

一方、敗れた内山は1回戦で第1シードのM・ジャジーリ(チュニジア)、2回戦ではサンティラン晶(日本)、準々決勝で第8シードの伊藤竜馬(日本)を破り、ベスト4へ進出していた。

tennis365.net

最終更新:10/15(土) 23:51

tennis365.net

なぜ今? 首相主導の働き方改革