ここから本文です

驚異の打率.889! 凡打はたった1度だけ 広島1番打者・田中が大暴れ

Full-Count 10/15(土) 13:31配信

これまで3試合全てで第1打席に安打、攻撃の起点となる十分過ぎる働き

 広島の田中広輔が、セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージで、驚異的な活躍を見せている。

CSでも大活躍、広島・田中広輔の今季成績

 今季はチームで唯一、全試合フルイニング出場を果たした田中だが、シーズン終盤は打撃不振に陥り、9月の月間打率は.205と低迷していた。ポストシーズンでは、1番から降格の声もあったが、CSファイナルステージの初戦でダメ押しの本塁打を含む3打数2安打1四球と活躍すると、2、3戦も勢いは止まらず。3試合の12打席で9打数8安打3四球と、リードオフマンとして申し分ない働きをしている。

「1打席目を特に大事にしていこうと思っている」という田中は、3試合全てで初回の第1打席で安打を放ち、勝利した1、2戦では先制のホームを踏んでいる。「ヒットを打つというよりは、何でもいいので塁に出ようと思っている」という言葉通り、3試合で凡退したのは一度だけと絶好調だ。

 完封負けした第3戦も3安打したが、「勝たないと打っても仕方ない」と笑顔はなかったが、「今はいい感じで打席に立てている」と、好調の手応えはあるようだ。

 第4戦の相手先発である今永に対しては、今季の対戦成績が14打数2安打と抑えられているが、3戦とも先制したチームが勝利しているだけに、チャンスメーカーの田中の働きが勝敗を左右しそうだ。

大久保泰伸●文 text by Yasunobu Okubo

最終更新:10/15(土) 13:35

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]