ここから本文です

米軍基地内をみこしが練り歩く 横須賀、恒例のパレード開催へ

カナロコ by 神奈川新聞 10/15(土) 17:02配信

 秋の恒例イベント「よこすかみこしパレード」が16日、京急線横須賀中央駅周辺で開かれる。コースの後半は、みこしや山車が米海軍横須賀基地内を練り歩く横須賀特有の祭りで、今年で40回目を迎える。横須賀市観光協会の主催。

 市などによると、パレードは市制70周年を記念して1977年度に初開催。周辺の道路の開発でみこしのコースが短くなり、参加者の「基地内を使用できないか」という要望を受け、92年から日米親善を目的に基地内にみこしが入るようになった。

 今年は約60団体の約8千人が参加予定。パレード実行委員の馬堀清代表(67)は「若い人に楽しんでもらい、横須賀ならではの祭りを受け継いでほしい」と話している。

 午前10時半に同駅前の横須賀中央大通りを出発、約1時間後に同基地に会場を移す。問い合わせは、横須賀観光インフォメーション電話046(822)8301。

最終更新:10/15(土) 17:02

カナロコ by 神奈川新聞