ここから本文です

川島海荷、『ZIP!』出演に大きな反響 「史上最多の連絡数かも(笑)」

クランクイン! 10/15(土) 6:50配信

 この秋から人気情報番組『ZIP!』の新しい総合司会となった川島海荷。月曜日から金曜日の帯番組かつ生放送というのは、これまでの女優や歌手というフィールドとはまた一線を画すチャレンジングな内容だ。開始後1週間、生放送を終えた金曜日の川島を直撃すると、「怖さはないですけど、不安はありました。でも好奇心は旺盛だし負けず嫌いなので、自分にプレッシャーをかけて前に進みます。壁があると超えたいと燃えるタイプです」と嬉々として語り、すでにほのかな手ごたえさえ感じているようだった。

【関連】「川島海荷」インタビュー<フォトギャラリー>


 『ZIP!』は「日本の朝をもっと楽しくHAPPYに!」をコンセプトに送る情報エンターテインメント番組。2011年から放送を開始するやいなや、朝は真面目なニュースという既成概念を打ち破り、情報はきっちりと伝えながらも、笑顔あふれる出演陣のやり取りが印象に残る番組だ。「MOCO’Sキッチン」などの人気コーナーも生み出し、若年層を中心に裾野を広げ続けている。そんな折、10月より総合司会に抜擢されたのが川島だった。

 初登場から1週間たったいま、川島は「初日は寝れなかったんですけど、翌日は気付いたら20時には眠くなっていました(笑)。終わってみたら、早かったです」と緊張と興奮を交互に繰り返した日々を振り返る。「初日の月曜日、火曜日あたりは『これが毎日続くのか…。緊張して本当にどうしよう』と思っていました。でも何だかんで緊張が5回続いて、とてつもないスピードで終わっていった気がします」と、少しだけ安堵の様子。


 大学時代に毎日『ZIP!』を見ながら登校していたという川島は、長年視聴者として楽しんでいた。いざ出演となると、予想以上に大きな違いがあったと打ち明ける。「朝スタジオに入ると、流れるようにリハーサルをやり、打ち合わせをやり、気付いたら本番なんです。やっていると、『これ…本当に(テレビに)流れてる?』みたいな、あまりよくわからない状態です」。出演を実感するのは、毎日帰って放送を見直すとき。「録画を確認して、『出てる!混ざってる!』と感動しました。最初の目標は『ZIP!』になじむことだったので、達成できていたらうれしいです」と、顔をほころばせた。

 出演により、家族や友人からのリアクションがかなり大きかったというのも、ひそかな喜びだった。川島は、「史上最多の連絡数かもしれません(笑)。テレビ画面を撮った画像とかが送られてきたりもしました。あと、私と同い年の子は新入社員なんです。皆早起きなので、『朝、海荷を見られてうれしかったよ』とか『元気をもらえた!』と連絡をくれて、すごいうれしかったです。みんな……いいやつ~!」と、22歳らしい弾けた物言いをしてみせ、また始まる新たな1週間にも全力を誓っていた。(取材・文・写真:赤山恭子)

 『ZIP!』は毎週月曜日~金曜日まで、日本テレビ系にて朝5時50分より放送中。

最終更新:10/15(土) 6:50

クランクイン!