ここから本文です

共演者からモテモテな佐藤健、菅田将暉から「本気出したら何でもできる人」

クランクイン! 10/15(土) 13:37配信

 映画『何者』の初日舞台挨拶が15日、都内にて実施され、佐藤健、有村架純、菅田将暉、二階堂ふみ、岡田将生、山田孝之、三浦大輔監督が登壇。当日に行ったゲームの中で、共演者から最もモテそうな人に選ばれた佐藤は「現実的にまったくモテない」と苦笑した。

【関連】『何者』初日舞台挨拶フォトギャラリー


 『何者』は、朝井リョウの同名小説を基に、就職活動を行いながら、自分が「何者」なのかを模索する若者たちの姿を描いた作品。舞台挨拶当日は、キャストと監督がお互いのことを分析するゲームが行われた。「就活で一番早く内定を取りそうな人」というお題では、主人公の冷静分析系男子・二宮拓人に扮した佐藤に、菅田と二階堂から票が集まり、菅田は「本気出したら何でもできる人なんですよ。クレバーな部分もありますし、人当たりの良さも含め、このフェイス。絶対に行けるでしょう」と絶賛。

 二階堂は「一番モテそうな人」というお題でも佐藤を指名し、「色々な話を持ってらっしゃいますし、人間的に、男性にも女性にもモテる方だろうなと思って」とべた褒め。岡田は、「一緒に遊んでくれるっていうか、どの人に対してもレベルを下げてくれる(笑)。なんて優しい人なんだと思って、結構現場で惚れてました」と振り返った。一方、佐藤は有村を指名し、「モテるでしょ。実際に。現実的にモテる人を考えていったら、有村さんかなと思いました。僕とか、現実的にまったくモテないので」と苦笑する。

 続けて佐藤は「男にモテるって、あんまりないよね?女性は男性から行くじゃないですか。だから、あんまり男じゃないかなと思って、女性はアプローチとか多そうで大変かなと思いました」と、有村を指名した理由を語る。また菅田は、朝、有村と再会した際に「ドラマ大丈夫?大変?」と言われたことを明かし、「ちょっと好きになりました」と語って笑いを誘った。
 
 『何者』は絶賛上映中。

最終更新:10/15(土) 13:48

クランクイン!