ここから本文です

MotoGP日本GP:予選日コメント/Moto2クラス日本人ライダー

オートスポーツweb 10/15(土) 20:11配信

■中上貴晶/IDEMITSU Honda Team Asia(予選7位)
「予選に関しては望んでいた結果ではありませんでした。ポール争いがしたかったですし、フロントロウは獲りたかったのですが、思いのほか周りのタイムが速かったです。自己ベストをコンマ8秒ほど更新しましたが、それでも足りませんでした」

【画像】Moto2参戦日本人ライダー

「FP3でセッティングの方向性を変えたのですがうまくいかず、バランスを失ってしまったので、結局予選はFP2の状態に戻して臨みました。予選は7番手だったので、ふがいない結果になってしまい悔しいです」

「レースペースに関してはトップ集団とそん色ないペースで走れています。アベレージに関しては自身があるので、明日はいいレースができると思います」

■長島哲太/Ajo Motorsport Academy(予選24位)
「今日は1分51秒台が目標で、その目標はクリアしたのですが、最終アタックに失敗しました。データロガーを見ても1分51秒前半までは詰められます。決勝では、もう少しいけると思います」

「(決勝では)ポイントを取りたいです。2年前に僕がMotoGPにフル参戦していたときのライバルたちが今年も多く走っていますが、そこに割って入ることができれば、少しは成長を実感できると思います」

■浦本修充/Japan-GP2(予選29位)
「昨日の走行から足踏みをしているような状態でした。タイムも詰まらず、GPライダーのレベルの高さを実感しています。これまでGPライダーの走りはテレビでしか見たことがなかったのですが、今回は初めて一緒に走ることができました。この経験を今後に生かしたいです。明日はひとつでも前を走れるように頑張ります」

■関口太郎/Team Taro Plus One(予選30位)
「午前中のFP3ではオイルトラブルがあって、あまり走れませんでした。予選までにトラブルは解決でき、GPライダーたちと一緒に走ることができました」

「GPライダーはとにかくみんな速い! 僕も9年前までGPにフル参戦していまいたが、全日本に戻ってライダーの技術が退化していると思います。これが全日本と世界の違いだなと感じています。でも、今回の参戦は本当にできてよかったと思っています」

[オートスポーツweb ]

最終更新:10/15(土) 20:19

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]