ここから本文です

カンムリワシ交通事故多発 9月以降4件「例年にないペース」

沖縄タイムス 10/15(土) 10:10配信

 【石垣】国の特別天然記念物カンムリワシの交通事故が多発している。石垣自然保護官事務所によると9月以降だけで、石垣市内で4件。2羽は即死で、2羽は救護されたが間もなく死んだ。事故は秋から春にかけて多発するが今年はすでに昨年と並ぶ8件。同事務所は「法定速度を守り、野生動物の飛び出しに注意して」と呼び掛けている。

 同事務所によるとカンムリワシは石垣島と西表島だけに生息し、推定個体数は約200羽(2011年度調査)の絶滅危惧種。今年は石垣島で6件、西表島で2件だが、約1カ月間で4件は「例年にないペース」。

 事故はカンムリワシが路上の餌を取る時などに発生する。特に秋~春は幼鳥が親元を離れる独立期や、成鳥の交尾・巣作り時期を迎えるため、道路沿いへの出現頻度が高まるという。

 同事務所は「迅速な連絡が、1羽でも命を救うことにつながるとともに対策を講じる貴重な情報になる」と早期の情報提供を求めている。連絡は同事務所、電話0980(82)4768。

最終更新:11/21(月) 12:55

沖縄タイムス

なぜ今? 首相主導の働き方改革