ここから本文です

ボブ・ディラン、ノーベル文学賞受賞にB・スプリングスティーンらが祝辞「ボブ・ディランは俺の国の父だ……」

RO69(アールオーロック) 10/15(土) 0:57配信

ボブ・ディランが、今年のノーベル文学賞を受賞したことについて、ブルース・スプリングスティーンらが祝辞を述べている。

ブルース・スプリングスティーンのコメントは以下の通り。

「ボブ・ディランは俺の国の父だ。『追憶のハイウェイ61』や『ブリンギング・イット・オール・バック・ホーム』は素晴らしいアルバムだっただけでなく、俺が物心ついて初めて、自分が暮らしていた場所の真実を見せてもらった出来事だったのだ。そこには闇も光もみな存在し、幻想や偽りのヴェールは脇へと引き裂かれていた。彼は人を無能にしてしまう礼儀正しさや、堕落と腐敗を覆い隠してしまう日々のルーティンに足を踏み入れたのだ。彼が描写した世界はすべて俺が小さな町で目の当たりにしていたものだった。そしてそれはテレビを通じて俺たちの隔離された家庭に映し出されていたものの、コメントされることはなく、静かに認められていったのだ。彼は俺にインスピレーションを与え、俺に希望を与えてくれた。彼は他の誰もが、特に15歳の少年にとって、怖すぎて質問できない質問を投げかけてきた。『自分独りでいるのは……どんな気がする?』世代間に劇的なギャップが生まれ、突如歴史の流れの真っ只中で孤立したような、捨てられたような気分になった。方位磁針は回りっぱなし。心がホームレスになったのだ。ボブは真北を指し示し、アメリカが姿を変えた新しい荒野の中、自分の道を突き進む手助けとして導いてくれた。彼は旗を立て、曲を書き、その時代に欠かせない歌詞を歌った。当時の数多くの若きアメリカ人たちの心と魂を生き永らえさせるために。ボブがケネディ・センター名誉賞を受賞したとき、彼のために『時代は変る』を歌う機会があった。俺たちはほんの少しの間、ふたりきりで裏口の吹き抜けの階段を下りていた。彼は俺が来たことに礼を言うと『もし君のために何かできることがあれば……』と言ってくれたのだ。俺は『冗談だろう?』と思い、こう答えた。『もうとっくにしてくれているじゃないか』」

原文はこちらから。
http://brucespringsteen.net/news/2016/bruce-springsteen-on-bob-dylan

また、元ボブ・ディラン担当で1978年の初来日公演をライブ・レコーディングし、ライブ盤『武道館』を制作、ディランの自伝など翻訳も数多く行なったディラン研究の第一人者菅野ヘッケルのコメントは以下の通り。

「フォーク、ブルース、ロックなど米英に流れる伝統を受け継ぎ、未知の世界を切り開き、社会を刺激し、人の心に響くことばを吐き出すディランは、今もクールな詩人であり続ける。『自分で歌いたい歌がなかったので自分でつくることにした』と語ったディランは、歌手であることに重点を置き、毎年百回近くのコンサートを世界中で行なっている。だれもディランのように歌えない。同時代に生きるわれわれは幸せだ」

イラストレーターのみうらじゅんのコメントは以下の通り。

「『あなたのやったようなことをやった人がそれほどいない』と、憧れのウッディ・ガスリーに捧げた歌詞がそのまま今のあなたになりました。当時、難解と言われた歌詞もこの受賞によって全ての謎が解けることでしょう。今なお、現役でしかも新譜を歌い世界を回っておられるディラン、あなたがやったようなことをやった人はそれほどいないどころか、確実にいない。フォーエバーヤングに祝福を!」

なお、ボブ・ディランは現地時間10月14日(金)にカリフォルニア州インディオで開催される、ロック・レジェンドが集結するメガ・フェス『デザート・トリップ』にローリング・ストーンズとともに出演する。

RO69(アールオーロック)

最終更新:10/15(土) 0:57

RO69(アールオーロック)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]