ここから本文です

重さ2キロのノコギリガザミ

紀伊民報 10/15(土) 17:00配信

 和歌山県田辺市新庄町の漁業、苫谷泰雄さん(86)が14日、文里湾で甲羅の幅が約20センチ、重さ2キロのノコギリガザミを2匹捕まえた。

 水深3メートルの所に仕掛けていたカニ網に掛かっていた。ワタリガニを狙って網を仕掛け、たまに1キロほどのノコギリガザミが掛かるが、長い漁師生活で2キロの大型が2匹も掛かるのは珍しいという。

 地元では「ニュウドウ」とも呼ばれる。苫谷さんは「網から外す時、船の上で暴れた。挟まれるとけがをするので大変だった」と話している。食べたらおいしく、2匹とも知人に譲った。

最終更新:10/15(土) 17:00

紀伊民報