ここから本文です

泣きたくはなかった…G大阪FW呉屋、PK失敗の経験は「絶対無駄にしない」

ゲキサカ 10/15(土) 23:17配信

[10.15 ルヴァン杯決勝 G大阪1-1(PK4-5)浦和 埼玉]

 22歳の大卒ルーキーがPK戦の4人目として、ボールに向かった。しかし、ガンバ大阪FW呉屋大翔が右足から蹴り出したボールはGK西川周作にストップされてしまう。5人全員がPKを決めた浦和に敗れたチームは、タイトルを逃してしまった――。

 1-1で迎えた後半終了間際の同43分にピッチに送り込まれて最前線に入った呉屋は、延長戦に入ると鋭い動きからゴールに迫る場面を作り出す。延長後半14分にはMF藤本淳吾のパスからPA内に進入してゴールを脅かしたが、ポストを叩いたボールはゴールラインを割る直前にDF森脇良太のクリアされてしまった。「チャンスを決め切れなくて、本当に悔しかった」。

 そして同点のまま延長戦終了のホイッスルが吹かれ、勝敗の行方はPK戦に委ねられることに。ともに3人ずつが決めて、迎えた先攻G大阪4人目は「(長谷川健太)監督から『行けるか』と言われて、僕は自信を持っていたので、すぐに『行ける』と返事をした」という呉屋だった。

 5万人以上が詰め掛けたスタジアムで、タイトルが懸かった試合。対するは日本代表GKの西川周作だった。「多少、雰囲気にのまれていたと思う」と振り返った呉屋は右足からシュートを蹴り出すも、「もう少しキーパーが動くと思っていたら、それが目に入ってしまい、中途半端なキックになってしまった」。ボールは西川の右足に弾き出され、5人全員が決めた浦和に敗れることになった。

 ルーキーがPKを失敗。そしてタイトルを逃したとなれば、涙する場面も想像できたが、呉屋は目に涙を浮かべることはなかった。「泣きたくはなかった。僕よりもっと悔しい思いをしている人もいると思うし、泣くのではなく悔しさを噛み締めて次につなげたいと思った。まだ気持ちの整理もできていないけど、この経験を絶対に無駄にしてはいけない」と気丈に前を向いた。

最終更新:10/16(日) 1:06

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。