ここから本文です

「京間」の本坊跡確認 鬼北町教委 等妙寺旧境内調査

愛媛新聞ONLINE 10/15(土) 8:22配信

 愛媛県鬼北町教育委員会はこのほど、鬼北町中野川の国史跡「等妙寺旧境内」中枢部分の調査で、客殿と庫裏が一体となった本坊跡を確認した。15世紀半ばに京都で生まれた建築様式「京間」を採用しており、2013年に発見された本堂とともに16世紀前半に建てられたとみられる。京間が西日本に広く普及したのは江戸時代とされ、町教委の幡上敬一学芸員(42)は「中央の様式をいち早く取り入れる太いパイプを持っていた」と分析している。

愛媛新聞社

最終更新:10/15(土) 13:10

愛媛新聞ONLINE