ここから本文です

テンセントが35億ドルの融資契約へ、スーパーセル株取得で-関係者

Bloomberg 10/14(金) 14:25配信

中国のインターネット企業テンセント・ホールディングス(騰訊)は、フィンランドのスマートフォン向けゲームメーカー、スーパーセルの過半株式をソフトバンクグループから取得するため、35億ドル(約3600億円)の融資契約を結ぶ。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

非公開情報を理由に匿名で語った関係者によると、テンセントは金融機関23行からのコミットメント受け付けを終了した。テンセントを中心とする複数の企業は「ヘイ・デイ」や「クラッシュ・ロワイヤル」などスマホ向けゲームを手掛けるスーパーセルの経営権を86億ドルで取得する。

関係者によれば、デュアル・トランシュの融資枠は期間5年で、テンセントがデフォルト(債務不履行)状態に陥った場合に債権者は担保しか請求できない。融資のコミットメントは中国銀行が10億ドル、上海浦東発展銀行が7億ドル、招商銀行が4億ドルなどとなっているという。

テンセントの広報担当カニ-・ロー氏は電子メールや携帯メールでの問い合わせに対し、今のところ回答していない。

原題:Tencent Said to Sign $3.5 Billion Supercell Acquisition Loan(抜粋)

Sandra Tsui

最終更新:10/14(金) 14:25

Bloomberg