ここから本文です

米小売売上高:9月は前月比0.6%増、コアは予想下回る0.1%増

Bloomberg 10/15(土) 0:01配信

9月の米小売売上高は前月比でプラスに転じた。米商務省が14日発表した。

商務省によれば、9月の小売売上高は前月比0.6%増と、ブルームバーグがまとめたエコノミスト77人の予想中央値に一致した。前月は0.2%減(速報値0.3%減)だった。国内総生産(GDP)の算出に使用される自動車ディーラーやガソリンスタンド、建築資材などを除くコア売上高は0.1%増と、市場予想(0.4%増)0.3ポイント下回った。コアは2カ月連続マイナスの後、小幅増にとどまった。

ネーションワイド・インシュアランスのチーフエコノミスト、デー ビッド・バーソン氏は「減速はしているものの堅調な雇用増と、緩やかな賃金の伸び、さらに指標が示す良好な家計資産が重なり、来年にかけても引き続き個人消費を押し上げるだろう」と述べた。

項目別では13項目のうち10項目で増加した。自動車や家具、レストラン、建設資材は特に良好だった。飲食店は0.8%増加、自動車・同部品は1.1%の増加だった。

統計の詳細は表をご覧ください。

原題:Retail Sales in U.S. Rose in September by Most in Three Months(抜粋)

Michelle Jamrisko

最終更新:10/15(土) 0:01

Bloomberg

なぜ今? 首相主導の働き方改革