ここから本文です

NY原油(14日):小反落、在庫増とドル堅調を嫌気

Bloomberg 10/15(土) 5:08配信

14日のニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物が小反落。今週発表された統計で米在庫が8月以降で初めて増加した上、ドル指数が7カ月ぶり高水準に迫ったことで売りが優勢になった。

みずほセキュリティーズUSA(ニューヨーク)の先物部門ディレクター、ボブ・ヨーガー氏は「ドルが7カ月ぶり高値に接近し、原油を圧迫している」と指摘。「先週の米原油在庫は増加した。石油製品やクッシングの状況を考慮しても、基本的に弱気な統計だ」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物11月限は前日比9セント(0.18%)安い1バレル=50.35ドルで終了。週間では1.1%の値上がり。ロンドンICEの北海ブレント原油12月限は8セント下げて51.95ドル。

原題:Oil Declines on Dollar Strength, Rising U.S. Crude Stockpiles(抜粋)

Paul Burkhardt, Mark Shenk

最終更新:10/15(土) 5:08

Bloomberg

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。