ここから本文です

【Moto2】日本人ライダー中上「優勝して日の丸を揚げたい」/日本GP予選

TopNews 10/16(日) 12:34配信

16日(日)、MotoGP第15戦 日本GPでMoto2クラスのウォームアップがツインリンクもてぎ(栃木県)で行われ、日本人ライダー#30 中上貴晶(IDEMITSU HONDA TEAM ASIA)が5番手タイムを記録した。

●【Moto3・画像】日本人ライダー尾野、母国で自身初の表彰台獲得!/日本GP

昨日の予選では7番手に終わったが、トップからわずか0.5秒というタイム差だった。決勝レースでは優勝を狙う。

■中上貴晶(Moto2 予選7番手)

「ポールポジション争いがしたかったですし、できればフロントローに並びたかったです。望んでいた結果ではないですし、とても悔しいです。自己ベストを0.8秒更新したのですが、周りが思った以上にタイムを上げてきたこともあり7番手でした。

フリー走行3回目で試したセッティングの方向があまりよくなく、予選では昨日のセッティングに戻しました。FP3を有効に使えなかったことが悔やまれます。

しかし、決勝に向けて上位のライダーと変わらないアベレージを記録できています。昨年に比べて常に安定して走ることができているので、自信を持って決勝を走り、優勝して日の丸を揚げたいです」

■関口太郎(Moto2 予選30番手)

「ワイルドカードでの参戦では、勝負しますというレベルにはいけないのが現実です。それでも、走行ごとにタイムは上がっています。転ばずにメニューをこなし、予選を終えることができました。

経験値を上げたいという思いで参戦しました。そういう意味では、GPライダーとの違いがすごくあるということが分かりましたし、その差を埋めるために、ライダーとしても、チームとしても懸命に考えてトライできています。この経験が、絶対に次につながると思っています。決勝もひたすら一生懸命に走ってチェッカーを受けたいです」

最終更新:10/16(日) 12:34

TopNews