ここから本文です

【Krush】再戦もダウンの奪い合いで塚越が渡部に雪辱、初戴冠

イーファイト 10/16(日) 0:17配信

グッドルーザー
「Krush.70」
2016年10月15日 (土)東京・後楽園ホール

【フォト】左ハイでダウンを奪い返した渡部

▼ダブルメインイベント第2試合(第9試合) Krush -67kg タイトルマッチ 3分3R・延長1R
○塚越仁志(K-1ジム・シルバーウルフ/挑戦者)
判定2-0 ※28-27、27-27、28-26
●渡部太基(Golden Globe/王者)
※塚越が新王座に就く。渡部は初防衛に失敗。

 昨年11月に両者は当時の王者・牧平圭太への挑戦権を懸けて一度対戦している。お互いにダウンを奪い合う熱戦の末、渡部が判定勝ちを収めた。その後、渡部は今年1月に牧平を下して、第2代王座に就いている。

 1Rから両者は激しくフックで打ち合う。塚越はジャブとミドルキックを当てて距離を取る。渡部は前へ出て距離を詰めるが、塚越は回り込む。前へ出てフックを打つ渡部と回り込んで右ローを蹴る塚越。左右フックとボディへのヒザを被弾する渡部だが、終盤にはストレート連打で塚越を下がらせる。

 2Rも前に出るのは渡部。前蹴りを多用し、塚越を真っ直ぐ下がらせてのパンチを狙う。塚越が右ストレートをヒットさせ、左フックで追撃。塚越のパンチをもらい続ける渡部に、塚越がアゴへの右飛びヒザ蹴りからの左フックでダウンを奪う。

 塚越は右ヒザをボディへ突き刺し、左右フックで2度目のダウンを追加。渡部をロープに詰めてめった打ちにする塚越だったが、渡部が猛反撃に転じる。場内が興奮に包まれる中、ラウンド終了。

 3R、前に出る渡部が左ハイでダウンを奪い返す。左ミドルを蹴り、パンチを打ち込んでいく渡部。塚越も足を止めて打ち返す。左ストレートを連続ヒットさせる渡部に塚越も右ストレートを打つ。さらに左ストレートを打ち込んでいく渡部がどんどん前へ出る。場内大熱狂のうちに試合は終了し、勝敗は判定にもつれ込んだ。

 ジャッジ1名はドローだったが、判定2-0で塚越が勝利。リベンジを果たし、32歳にして初のベルトを巻いた。塚越はマイクを持つと、「初めてベルトを巻くんですが長かったです。ここまでずっと応援してくれた人たち、周りの仲間、本当に感謝です。出来が悪くてすいません。ベルトを巻いている以上、どんどん強いヤツと戦って守っていきます。挑戦受け付けます」と、王者としての第一声を放った。

 試合後のインタビューでは、肩に担いだベルトを眺めながら「本当に不思議な感じがして、夢を見ているようです」と、まだ王者の実感が沸いていない様子の塚越。試合について聞かれると、「お客さんの声しか聞こえていなかったです。あとはほとんど覚えていなくて。ただ、断片的に(渡部に)迫られるところが頭に出てきます。勝ったのに倒したところも覚えていなくて」と苦笑い。「前回負けて今日は勝ちましたが、このままじゃ終わらない感じもしています。考えたくないけれど」と話した。

最終更新:10/16(日) 0:17

イーファイト