ここから本文です

ちょっと待って!米ドラマ主演女優が局相手に1億円超を求める訴訟

シネマトゥデイ 10/16(日) 5:06配信

 米ケーブル局BETの人気ドラマ「ビーイング・メアリー・ジェーン(原題) / Being Mary Jane」の主演ガブリエル・ユニオンが、同局に100万ドル(約1億円)以上の支払いを求める訴訟を起こしたと The Wrap などが報じた。(1ドル100円換算)

【写真】ガブリエル・ユニオン出演『バッドボーイズ2バッド』

 同ドラマは自身のトーク番組を持っている若い黒人女性メアリー・ジェーン・ポールの仕事や家族を描いたもので、2013年からスタート。第5シーズンまで更新されている。

 メアリーを演じているガブリエルは、出演契約時に映画の仕事も同時にこなせるよう、1シーズンは多くても13エピソードまでという契約を結んでいたという。また、シーズン5でのギャラアップも約束されていたらしい。

 ところが、BET局はコスト削減のため第4シーズンと第5シーズンを連続で撮影することに決定。それぞれ10エピソードだが、連続では20エピソードとなり、シーズンが別ではないと出演料も据え置かれる可能性があるらしい。

 ガブリエルの弁護士は「BET局きっての大スターがこんな扱いを受けるなんて信じられません。彼女はこの局をずっとサポートし、成功に貢献してきた人物です」と憤慨している。

 これに対しBET局側はガブリエルを高く評価しているが、20話連続の撮影は契約の範囲内であると引く様子は見せていない。同ドラマの第4シーズンの撮影はすでに始まっているという。(澤田理沙)

最終更新:10/16(日) 5:06

シネマトゥデイ