ここから本文です

上岡龍太郎さん テントさん出演作を鑑賞

デイリースポーツ 10/16(日) 6:00配信

 芸能界を引退した上岡龍太郎さん(74)が15日、京都市で開催中の「京都国際映画祭2016」の会場を訪れ、9月27日に交通事故で亡くなった弟子の漫談家・テントさん(享年65)の出演映画「かぞくのひけつ」を鑑賞した。

【写真】若き日のダウンタウンもテントさんに敬意「すごい人おるで」

 上岡さんの長男、小林聖太郎監督(45)のデビュー作品(06年公開)で、上岡さんは観客として来場。上映後には、テントさんが本来はこの日、小林監督と舞台あいさつに立つ予定だったことがアナウンスされた。

 最後列の席で静かに鑑賞していた上岡さんは、報道陣から在りし日のテントさんを見た感想を問われると、何かを返しかけて止め、「このあたりは、学生時代から、しょっちゅう来てたんですよ」とつぶやいて、会場を後にした。

最終更新:10/16(日) 8:02

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]