ここから本文です

台湾系航空会社、機内持ち込みを全面禁止に=ギャラクシーノート7

中央社フォーカス台湾 10/16(日) 14:33配信

(台北 16日 中央社)チャイナエアライン(中華航空)など台湾の航空各社は16日までに、韓国サムスン電子のスマートフォンで、発火報告が相次ぐ「ギャラクシーノート7」の機内持ち込みを全面禁止にした。

これまで各社は機内での使用と充電、受託手荷物に入れないよう求めていたが、規制を強化した。

持ち込みを禁止したのは、チャイナエアラインのほか、マンダリン(華信)航空、タイガーエア台湾(台湾虎航)、エバー(長栄)航空、ユニー(立栄)航空、トランスアジア(復興)航空、ファーイースタン(遠東)航空。

(陳葦庭、韋枢/編集:齊藤啓介)

最終更新:10/16(日) 14:33

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

信用履歴が(まだ)ない人のためのスマートローン
TEDフェローのシヴァーニ・シロヤのスタートアップ企業InVentureでは、携帯電話のデータを使って個人の信用情報を作り上げることで、新興世界に眠っている購買力を目覚めさせようという事業をしています。「クレジット・スコアのようなシンプルなもので、自分の未来を自分で築き上げる力を人々に与えることができるのです」 [new]