ここから本文です

YOSHIKIが“ビックリ発言”20年ぶりに口にした禁断の名前

東スポWeb 10/16(日) 10:20配信

 ロックバンド「X JAPAN」「GLAY」らが14日、千葉・幕張メッセで行われた日本最大のビジュアル系音楽フェス「VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powered by Rakuten」に出演した。

 XのYOSHIKI(年齢非公開)は出番前に会見に応じた。13日にノーベル文学賞に決まった米国のシンガー・ソングライター、ボブ・ディラン(75)を「スゴいですよね。僕らみたいなアーティストがノーベル賞に認められたのは画期的。宇宙のような賞と感じていた。全アーティストにとって新たな扉が開けた」と称賛した。

 ディランとの接点を聞かれると、1994年に奈良・東大寺で行われたイベントで「共演したことはあります」と回顧。続けて「ボン・ジョヴィとか布袋(寅泰)さんとか…」とそのイベントで顔を合わせた豪華アーティストを挙げた。

 何でもないコメントに聞こえるが、音楽関係者は驚くに違いない。YOSHIKIの口から「布袋さん」の名が飛び出したからだ。

 2人はまさにその東大寺で行われたイベントの舞台裏で、大ゲンカしたことが語り草となっている。Xとしてブレークをした当時20代後半だったYOSHIKIの態度に、年上の布袋が激怒。荒ぶるYOSHIKIも逆ギレし、一触即発の事態に発展した。

 以後、絶縁状態とされていたがこの日、自ら布袋の名を口にした。

「YOSHIKIもさすがに丸くなったように思える。18年ぶりの出演となった去年の『NHK紅白歌合戦』やその楽屋でも、何の問題も起こさず、NHK側を驚かせたから。幾多のトラブルを乗り越え、音楽に打ち込める喜びをかみしめ、穏やかになったのかもしれない」と音楽関係者。これからはニューYOSHIKIが見られそうだ。

最終更新:10/17(月) 17:52

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]