ここから本文です

<CS速報>日ハムがストッパー大谷の165キロ最速新記録で日本S出場決定

THE PAGE 10/16(日) 17:16配信

パ・リーグのクライマックスシリーズ、ファイナルステージ第5戦が16日、札幌ドームで行われ、日本ハムが7-4で逆転勝利を収め、アドバンテージの1勝を含む4勝2敗として4年ぶりの日本シリーズ進出を決めた。先発の加藤が初回に松田に3ランを浴びるなど先手を許したが、4回に代打・岡の同点打、中島のスクイズで逆転に成功。5回にも近藤の2点タイムリーで突き放した。

 先発の加藤を一回であきらめ二回からバースを投入するなど、攻守に渡って、先手、先手の栗山監督の短期決戦用の采配が目をひいたが、その極めつけが「3番・DH」でスタメン出場させていた大谷のまさかのストッパー起用。大谷は自らの持つ最速記録を更新する165キロをマークしてリードを守った。広島との日本シリーズは22日に敵地のマツダスタジアムから開幕する。

 とっておきのウルトラCだった。
 マーティンがベンチから外れ、ストッパー不在となっていた9回に「3番・DH」でスタメン出場させていた大谷を指名したのだ。「指名打者・大谷がピッチャー」とアナウンスされると、場内からは大歓声が巻き起こった。3点差のセーブシチュエーション。幸運にも7回に最終打席が終わっていたため、ウォーミングアップの時間はとれていた。先頭の松田の初球に163キロをマーク、3球目には自らが持つ日本最速タイ記録となる164キロを出したが、松田はファウル。それでも最後は、落としてスイングアウトの三振。続く吉村の初球には165キロ、日本最速を更新した。ドームがどよめく。吉村も三振。3人目の本多にも165キロを2球もマークして最後はショートゴロ。歴史的な登板を成し遂げた大谷のプロ初セーブで日本シリーズ進出を決めた。

 日ハムの3勝2敗で迎えた第5戦は、互いに一歩も譲らず、両ベンチが短期決戦用の采配で挑む総力戦となった。先制はソフトバンク。先発、加藤の立ち上がりに襲いかかり、先頭の中村晃の左前打を足がかりに一死満塁から、長谷川の遊ゴロの間に1点を先制し、続く松田が左中間へ2試合連続のCS3本目となる3ラン。日本ハムベンチは二回から早くも加藤に代えてバースをマウンドに送った。

 いきなり4点のハンディを背負ったが、ソフトバンクの先発、攝津から2回に中田翔がレフトへソロアーチ、3回には二死二塁から「2番・二塁」で先発抜擢された杉谷がセンター前タイムリーで2点目を返す。
   

1/2ページ

最終更新:10/16(日) 17:59

THE PAGE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。