ここから本文です

ブエナビスタの初仔・コロナシオンが差し切りV!/京都新馬

netkeiba.com 10/16(日) 12:33配信

 16日、京都競馬場5Rで行われた新馬戦(2歳・芝1800m・10頭)は、後方3番手でレースを進めたC.ルメール騎手騎乗の1番人気コロナシオン(牝2、栗東・池添学厩舎)が、直線で外から一気に各馬を差し切り、中団から脚を伸ばした3番人気サトノシャーク(牡2、栗東・池江泰寿厩舎)に1.1/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分50秒0(良)。

 さらにクビ差の3着に9番人気オースタラ(牝2、栗東・牧田和弥厩舎)が入った。なお、2番人気レッドオルガ(牝2、栗東・藤原英昭厩舎は5着に終わった。

 勝ったコロナシオンは、父キングカメハメハ、母ブエナビスタ、その父スペシャルウィークという血統。母は2011年のジャパンCなどGIを6勝した女傑。本馬はその初仔となる。

【勝ち馬プロフィール】
◆コロナシオン(牝2)
騎手:C.ルメール
厩舎:栗東・池添学
父:キングカメハメハ
母:ブエナビスタ
母父:スペシャルウィーク
馬主:サンデーレーシング
生産者:ノーザンファーム

最終更新:10/16(日) 12:54

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。