ここから本文です

19歳の金候補・野中生萌は超絶負けん気クライマー

東スポWeb 10/16(日) 10:20配信

【東京五輪「新競技のヒロイン」(2)】2020年東京五輪で追加種目として新たに実施される4競技のヒロインを特集する連載「東京beautyニューフェース」の第2回は、スポーツクライミングの金メダル候補、野中生萌(19=東京都連盟)にスポットライトを当てる。9月の世界選手権(フランス)ボルダリングで銀メダルを獲得した実力者。道具に頼らず、体一つでダイナミックに、かつ華やかに壁を登るクライマーの神髄に迫った。

 ――山登りが趣味だった父・達也さんの影響で9歳の時にクライミングと出会った

 野中:クライミングジムでたくさんいる大人のなかで、2歳上の女の子がすいすい登っている姿に衝撃を受けました。自分も体験してみたら楽しかった。最初は登れなくて、悔しくてのめり込んでいった感じです。

 ――競技の魅力は

 野中:達成感ですかね。大会でも登った時に感動があるし、これまでやってきたことが込み上げてくる。その瞬間を感じるのが楽しくて。あと、できる、できないがわかりやすい。

 ――気持ちが強そう

 野中:めちゃくちゃ負けず嫌いですね。競技以外でも負けは絶対嫌です。横断歩道も一番先に渡り切る。反対側から来る人にも「負けてないかな」と振り返って確認したりとか(笑い)。小学生の時から自然とやっていました。

 ――競技にも生かされた

 野中:小3、4年のころは単純に登れなかったら悔しくて、登りながら泣いていました。「降りろ」と言われても「嫌だ」と岩に張り付くことがしょっちゅう。今では自分をコントロールできるようになったので、悔しくても原因を考えるようになりましたけどね。

 ――クライミングの技術はどこで差が出るのか

 野中:柔軟性が武器の人もいれば爆発力、パワー、瞬発力、頭脳などいろんなタイプがいます。私は日本だとパワーがあるほうだと思いますが、世界にはもっとある人がいるので、柔軟性や頭脳などでカバーしています。

 ――練習法は

 野中:1日にクライミングを5、6時間。あと体の動かし方などのトレーニングをしています。最初はトレーナーさんに「ここの筋肉に力を入れて」と言われても全然わからなかった。でも今は体のどこに力が入っているか、どこで支えているかがわかるようになった。壁の中でも自由自在に体を動かしていけるよう練習しています。

 ――手でつまんでいるのは本当に小さいホールド(突起物)なのに、バランス感覚が抜群だ

 野中:本当に小さいものだと爪の先くらいですね。でも、それを持っているように見える時ほど体幹や足など違う部分を使っているんですよ。トレーナーさんが言っていましたが「クライミングは足の指の先から手の指の先まで体のすべてを使うスポーツだ」と。そういうスポーツはほかにはないと思います。

 ――どんな選手になりたいか

 野中:誰かに憧れたことはない。今は自分のクライミングを目指してもらえる選手になりたい、と思うようになりました。

 ――4年後は23歳。いいタイミングで東京五輪がやってくる

 野中:クライミングを知ってもらえるいい機会なので素直にうれしい。五輪競技になり、今まで自分が感じてきたクライミングの楽しさが違う方向に行ってしまう不安もあります。でも代表になれるなら成績を残したいとも思う。五輪、スポーツはいろんな人に感動を与えられていいなと思うし、自分もそういう選手になれるなら挑戦してみたい。

 ――直近の目標は

 野中:2年後の世界選手権で優勝したい。今回2位になって改めて思いました。

 ――人生の夢は

 野中:絶対強い選手になりたい。クライミングでもメンタルでも強くて、人間性もすべて含めて尊敬されるような人間になりたいです。

<スポーツクライミング>ボルダリング、リード、スピードの3種目がある。ボルダリングは5メートル以下の人工壁に作られた複数のコース(課題)を何本完登したかで競う。同数の選手が出た場合は、要したトライ数が少ないほうが勝ちとなる。リードは12メートル以上の人工壁に設けられたルートを制限時間内にどこまで登れたかを競う。スピードは15メートルの人工壁に設置された同一の2本のルートを2選手が隣り合わせで登り、完登するまでの時間の速さで勝負する。東京五輪では3種目の複合で行われる。

☆のなか・みほう=1997年5月21日生まれ。東京都出身。クラシックバレエ、器械体操を経て9歳からクライミングを始める。2013年、リードでW杯日本代表に初選出され、翌年、16歳でボルダリングW杯に初出場。2015年W杯ランキング3位。今季は2位。今年の世界選手権(フランス)で銀メダルを獲得した。海外遠征をこなすため日出学園高2年の7月に普通科から通信制に編入。今春卒業した。162センチ、53キロ。

最終更新:10/16(日) 10:20

東スポWeb

なぜ今? 首相主導の働き方改革