ここから本文です

目指せ食費0円!食品・飲料系企業のグルメな株主優待ベスト10

ZUU online 10/16(日) 9:10配信

株主優待だけで生活をしていると評判になった桐谷広人さんをはじめ、優待品を活用して生活費を浮かせて賢い節約ライフを送っている人が増えてきています。

もしも食費が限りなく0円に近づいたら、ずいぶん助かると思いませんか? まずはその第一歩として、自社製品を贈ってくれる食品・飲料系企業に投資して、優待をゲットしてみましょう。

■株主優待だけで食費0円は目指せる!?

そもそも、株主優待だけで食費0円は本当に可能なのか? その答えは「イエス」です。ただし、野菜などは優待品でも少ないので、優待獲得の名人たちは、不要な優待は現金に換金して生活をしているのだとか。

しかし、大手企業の優待は普段買えないものも多く、何より株主としての優越感に浸れるのが魅力。今回は、実用性の高い食品系・飲料系企業などから、特に「優待品の豪華さ」を意識してベスト10を作成しました。ぜひ投資の参考にしてみてください。

■第10位:キリンホールディングス <2503>

キリンビールで有名なキリンホールディングスの優待品はもちろんお酒です。アルコールがダメな方は、清涼飲料水、キリンが運営するビアレストラン「キリンシティ」のお食事券、サッカー日本代表応援グッズなども選択可能です。優待品を「キリン飲酒運転根絶募金」への寄付に替えることも可能で、優待が不要という人は社会貢献もできますよ。

株価(2016年9月13日現在):1682円
単元株数:100株
配当利回り:2.26%
1株配当(会社予想):38円
株主優待の条件(権利確定月):12月末
株主優待:自社グループ会社商品等
100株以上:1000円相当(4~5点から1点)
1000株以上:3000円相当(6~7点から1点)
※優待品に替えて「公益財団法人交通遺児等育成基金」への寄付選択可

■第9位:キューピー <2809>

いわずと知れたマヨネーズを作っている最大手。優待品はマヨネーズやドレッシングなどの自社製品が届きます。3年以上保有しないと優待の権利が得られないのですが、またそこが株主の心をくすぐるところ。

90周年の記念優待も出しているので、100周年記念も何かあるのでは? と期待されている企業でもあります。何より、必ず使う調味料が頂けるのはうれしいところですよね。

株価(2016年9月13日現在):2983円
単元株数:100株
配当利回り:1.07%
1株配当(会社予想):32円
株主優待の条件(権利確定月):11月末
株主優待:自社グループ商品詰め合わせ(マヨネーズ・ドレッシング等)
100株以上:1000円相当
500株以上:2000円相当
1000株以上:3000円相当
※3年以上継続保有(11月および5月の株主名簿に同1株主番号で連続7回以上記載)した株主のみに贈呈

■第8位:日清食品ホールディングス <2897>

チキンラーメンなど、有名な自社製品が優待品としてもらえる日清食品ホールディングス。300株以上でもらえるオリジナルキャラクターグッズは非売品で、2015年はオリジナルペアポーチ、2016年は保冷ポーチとなっています。株主しか入手できないアイテムがあるのも気になりますね。

株価(2016年9月13日現在):6010円
単元株数:100株
配当利回り:1.33%
1株配当(会社予想):80円
株主優待の条件(権利確定月):3月末・9月末
株主優待:自社グループ会社製品詰め合わせ(即席めん・菓子など)とオリジナルグッズの組み合わせ。
100株以上:製品1500円相当
300株以上:製品3500円相当+オリジナルグッズ1500円相当
1000株以上:製品4500円相当+オリジナルグッズ1500円相当
3000株以上:製品5500円相当+オリジナルグッズ1500円相当
※優待品に替えて「国連WFP」への寄付選択可

■第7位:ダイドードリンコ <2590>

ダイドードリンコの優待は、数少ない1月、7月権利ということで人気があります。ドリンクやゼリーが年2回届くなんて、太っ腹ですね。実は、株主専用のウェブサイトでも、ダイドードリンコ製品がお得にショッピングできるのです。

株価(2016年9月13日現在):5440円
単元株数:100株
配当利回り:1.10%
1株配当(会社予想):60円
株主優待の条件(権利確定月):1月20日・7月20日
株主優待:3000円相当の自社グループ製品(飲料・ゼリーなど)、株主専用ウェブサイトでの優待価格販売
1株以上:株主専用ウェブサイトで自社グループ企業製品を優待価格で販売
100株以上:3000円相当の自社グループ企業製品(飲料・ゼリーなど)

■第6位:伊藤園 <2593>

伊藤園では、「おーいお茶」をはじめとする主力商品が優待商品として頂けます。また、原則的に議決権がなく、その分、配当金が優先的に受け取れるうえに増額もされ、普通株に比べて株価も安い「第一種優先株式」があるのも有名ですね。もちろん優待も受けられますので、普通株式と優先株式を両方購入して、優待を両取りする人もいます。

株価(2016年9月13日現在):3270円
単元株数:100株
配当利回り:1.22%
1株配当(会社予想):40円
株主優待の条件(権利確定月):4月末
株主優待:自社製品(緑茶・ジュース等)、自社通信販売での製品割引
100株以上:1500円相当/30%割引
1000株以上:3000円相当/50%割引
※上記は普通株主および優先株主が対象。普通株式と優先株式の保有数は合算せず、各々実施

■第5位:カゴメ <2811>

古くから個人株主を大事にすることで有名なカゴメ。「野菜生活」などのドリンク類をはじめ、新商品が試せてオススメです。抽選で工場見学が当たる企画なども実施しており、優待だけでなく個人投資家が楽しめるイベントがあるのも魅力ですね。

株価(2016年9月13日現在):2440円
単元株数:100株
配当利回り:0.91%
1株配当(会社予想):22円
株主優待の条件(権利確定月):6月末・12月末
株主優待:自社商品(食品・ジュースなど)
100株以上:1000円相当
1000株以上:3000円相当

■第4位:理研ビタミン<4526>

理化学研究所が母体となっている理研ビタミンは、海藻やドレッシングなどを扱っている企業です。筆頭株主はなんとあのキッコーマン。大手企業が投資しているだけあり、今後の伸び率が気になるところです。

株価(2016年9月13日現在):4460円
単元株数:100株
配当利回り:1.48%
1株配当(会社予想):66円
株主優待の条件(権利確定月):3月末・9月末
株主優待:自社関連商品(保有期間3年未満/3年以上)
100株以上:1000円相当/2000円相当
500株以上:2000円相当/3000円相当
1000株以上:3000円相当/4000円相当
3000株以上:4000円相当/5000円相当

■第3位:エバラ食品工業 <2809>

焼き肉のタレで有名ですが、実は鍋のつゆやカレーフレークなど料理が楽しくなる商品も多く、バラエティー豊かな優待品を送ってくれます。1000株以上になると、5000円相当の自社製品に加えて、5000円の高額クオカードまで頂けます!

株価(2016年9月13日現在):1875円
単元株数:100株
配当利回り:1.44%
1株配当(会社予想):27円
株主優待の条件(権利確定月):3月
株主優待:自社商品セット(調味料など)、クオカード
100株以上:1000円相当
1000株以上:5000円相当と5000円相当クオカード

■第2位:明治ホールディングス <2269>

やはり、食品系の中でも製菓会社の優待はお菓子が届くとあってワクワクするもの。明治ホールディングスの優待品は、お菓子だけじゃなく、レトルトカレーなどの食品も入っているのでお得感満載です。

株価(2016年9月13日現在):9550円
単元株数:100株
配当利回り:0.94%
1株配当(会社予想):90円
株主優待の条件(権利確定月):3月末
株主優待:自社グループ製品詰め合わせ(菓子など)
100株以上:2000円相当
500株以上:3500円相当
1000株以上:5000円相当
※優待品に替えて福祉団体等への寄付選択可

■第1位:日本ハム <2282>

堂々の第1位は、もらってうれしい「高級ハム」が届く日本ハムです。購入資金は200万円以上とまさに高根の花ですが、一度はもらってみたい優待品です。

気になる商品は、ハムやデザートなど自社製品の詰め合わせを中心に、優待カタログから選んだ商品が年2回届きます。優待には珍しく、産直野菜セットや銘柄豚肉セットといった家庭ですぐにでも使いたい商品もそろっているのが特徴。

また、ファイターズ観戦チケットが選択択肢にあるのも、プロ野球ファンにはポイントが高そうです。それに加えて、日本ハムが開催している展示会にも招待されます。新商品の試食や、ファイターズ、セレッソ大阪の選手たちとの交流を楽しめるのもいいですね。

株価(2016年9月13日現在):2388円
単元株数:1000株
配当利回り:1.93%
1株配当(会社予想):46円
株主優待の条件(権利確定月):3月末・9月末
株主優待:自社グループ商品(食品)、ファイターズ観戦チケットなど
3月末:3000~4000円相当の自社商品など、展示会招待
9月末:3000~4000円相当の自社グループ商品詰め合わせ、展示会招待
※3月末は優待品替えて「国連WFP」への寄付選択可

株主優待は、ある意味、企業から投資家に贈られるプレゼントです。ありがたく受け取って、思う存分投資を楽しみましょう。優待で気分よく過ごし、企業応援も欠かさない。これぞ、家計の切り詰めだけでなく、株主優待を活用した賢い節約ライフといえるのではないでしょうか!

(提供:DAILY ANDS)

最終更新:10/16(日) 9:10

ZUU online

チャート

キリンホールディングス2503
1807.5円、前日比-55円 - 12/2(金) 15:00

チャート

キユーピー2809
2606円、前日比-54円 - 12/2(金) 15:00

チャート

日清食品ホールディングス2897
5780円、前日比-60円 - 12/2(金) 15:00