ここから本文です

【速報】松山英樹、4打差首位でサンデーバックナインへ

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 10/16(日) 14:01配信

◇国内男子メジャー第3戦◇日本オープンゴルフ選手権競技 最終日(16日)◇狭山ゴルフ・クラブ(埼玉)◇7208yd(パー70)◇ 通算4アンダー単独首位で出た松山英樹は、前半を4バーディ、2ボギーとし通算6アンダーに伸ばした。後続に4打差をつけ、初の日本オープン制覇へ向けサンデーバックナインの戦いに突入した。

ゴルファー日本一決定戦「日本オープン」フォトギャラリー

2番(パー3)のティショットをピン左1.5mにつけてバーディを先行。3番はティショットを右方向に曲げるとラフを渡り歩いてボギー。6番(パー3)ではティショットをピン右6mにつけると、ジャストタッチで流し込んで、2つ目のバーディとした。

7番ではグリーン手前ラフからの第3打をピン奥1mに運んだが、カップ縁に蹴られてボギー。8番で残り143ydの第2打をピン手前2mにつけてバウンスバックとし、2オンに成功した9番(パー5)で2連続バーディとした。

松山を1打差で追って同じ最終組で出た池田勇太は1バーディ、1ダブルボギー。通算2アンダーで前半を終えた。1番で、ピン下3mからのフックラインを沈めてバーディを先行させ、早々に松山をとらえてプレッシャーをかけた。だが3番で、左ラフからの第2打を木に当てるトラブルで、グリーンオンに4打を要してダブルボギーを喫した。

10ホールを終えたイ・キョンフン(韓国)が池田に並んでいる。

最終更新:10/16(日) 14:31

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

なぜ今? 首相主導の働き方改革