ここから本文です

95年オークス制覇G1・2勝馬 ダンスパートナー死す 

デイリースポーツ 10/16(日) 6:03配信

 95年オークス、96年エリザベス女王杯のG12勝を挙げたダンスパートナー(牝)が14日、蹄葉炎のため療養していた北海道千歳の社台ファームで死んだ。24歳だった。

 重賞3勝のエアダブリンを半兄に、96年菊花賞馬ダンスインザダークを全弟に持つ良血馬で、栗東・白井寿昭厩舎から95年1月の新馬戦でデビュー勝ち。続くエルフィンS、チューリップ賞、桜花賞では全て2着に敗れたものの、オークスで見事に勝利を決めた。同年夏にはフランス遠征を敢行。初戦のノネット賞・仏G3で2着に好走したが、本番のヴェルメイユ賞・仏G1では6着に敗れた。

 帰国後は菊花賞に挑戦して1番人気に推されるも、マヤノトップガンの5着。その後は96年京阪杯、エリザベス女王杯で勝利を挙げ、同年の最優秀5歳以上牝馬に選出された。97年有馬記念14着を最後に、通算25戦4勝(うちG1・2勝を含む重賞3勝、海外3戦0勝)で引退した。

 繁殖牝馬としては重賞2勝のフェデラリストなどを輩出。日曜の秋華賞には、全妹ダンスインザムードの子で、めいに当たるカイザーバルが出走する。

 社台ファーム・池田充場長「20歳を超えるまでよく頑張ってくれました。この血統をこれからも大切に育てていきたいと思います」

最終更新:10/16(日) 7:34

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]