ここから本文です

ヴィブロス鮮やかに差し切りV! 姉の無念晴らしGI制覇!/秋華賞

netkeiba.com 10/16(日) 15:48配信

 16日、京都競馬場で行われた秋華賞(3歳・牝・GI・芝2000m)は、中団でレースを進めた福永祐一騎手騎乗の3番人気ヴィブロス(牝3、栗東・友道康夫厩舎)が、直線で外から一気に脚を伸ばして各馬を差し切り、好位追走から伸びた4番人気パールコード(牝3、栗東・中内田充正厩舎)に1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分58秒6(良)。

 さらに1/2馬身差の3着に8番人気カイザーバル(牝3、栗東・角居勝彦厩舎)が入った。なお、2番人気ジュエラー(牝3、栗東・藤岡健一厩舎)は4着、1番人気ビッシュ(牝3、美浦・鹿戸雄一厩舎)は10着に終わった。

 勝ったヴィブロスは、父ディープインパクト、母ハルーワスウィート、その父Machiavellianという血統。紫苑S2着からの逆転勝利で見事GIタイトルを獲得、2012年の本レースでハナ差敗れた全姉ヴィルシーナの無念も晴らした。

【勝ち馬プロフィール】
◆ヴィブロス(牝3)
騎手:福永祐一
厩舎:栗東・友道康夫
父:ディープインパクト
母:ハルーワスウィート
母父:Machiavellian
馬主:佐々木主浩
生産者:ノーザンファーム
通算成績:7戦3勝(重賞1勝)

【福永祐一騎手のコメント】
 体調は非常に良かったので、強い馬が相手でも自分が上手く乗りさえすれば勝つチャンスはあると思っていました。キッチリ力を出すことができて良かったです。周りの馬に左右されないポジションで競馬ができましたので、自分のタイミングで追い出すことができ、それに馬も応えてくれました。
 夏に500万勝ったばかりで、まだこれからの馬だと思いますが、それでもGIを勝ってくれましたので、今後が非常に楽しみです。日本を代表する牝馬になってくれればと思います。

最終更新:10/16(日) 20:54

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]